ジャガーE-PACE 初試乗 まずは2ℓ直4ガソリンから 独特な使命とは?

公開 : 2017.11.22 12:30  更新 : 2017.11.22 12:30

ジャガーE-PACEの試乗記です。ジャガー・ブランドとしての矜持をたもち、なおかつ激戦区で存在感をはなつ。大きなミッションを与えられましたが、実際のところは?

もくじ

どんなクルマ?
F-PACEの「弟」としての役目
共通アーキテクチャ、どう差別化?
E-PACEのグレード/価格戦略

どんな感じ?
乗り心地とコーナリングの葛藤
ステア・フィールはジャガーそのもの

「買い」か?
SUVというより「ジャガー」を強調

スペック
ジャガーE-PACE P300 HSE AWDのスペック

どんなクルマ?

F-PACEの「弟」としての役目

E-PACEはジャガーの他のモデルたちと変わらないフレッシュな存在として、成長し続ける市場に対し、真っ向から立ち向かうモデルとなる。

SUV市場の拡大は終わるところが見えない。5年ほど前、ジャガーの年間販売台数は6万台程度だった。しかし今ではF-PACE単独で、その販売数に達する勢いなのだ。

ジャガーXFの弟分としてXEがあるように、F-PACEの弟分といえるのが、E-PACEとなる。多くのひとにとって「E」はEVの略に感じられるだろうが、このモデルは違う。

ジャガーにとって初のコンパクトSUVとなるが、やはり、エレガントなサルーンやスポーツカーだけでは、メーカーの生き残りには不十分ということなのだろう。4.4mのボディにイアン・カラム流のスタイリングが与えられている。

どう感じるかは、読者によって様々だろう。私は、ホイールをそれぞれ少し外側に張り出させれば、さらにエレガントになったように思う。

ウエストラインより下を手で覆い隠すと、グラスエリアとルーフラインは優雅で流れるような理想的なスタイリングにまとまっている。しかしボディ下部や1.65mの全高に関しては、少し圧縮をかけたF-PACEのように見えてしまう。

一方、アーキテクチャは面白い。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事