インプレッサ2代目 中古で買うなら、どの「目」? 中古車購入ガイド

2017.11.25

サマリー

インプレッサの中古車事情。どうやら英国では一味違うようです。2代目に的をしぼり、学んでみましょう。

もくじ

インプレッサを知るために
英国ではどういう歴史だった?
インプレッサの中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

インプレッサを知るために

スバル・インプレッサWRX/WRX STIを好きになるのにラリーファンである必要はない。興奮という言葉に興味さえあれば十分だ。

英国の場合、大金も必要ない。スタート価格はたった3000ポンド(44万円)だ。

2000年から2007年のスバル・インプレッサWRX/WRX STIほど、目の回るようなクルマが他にあるだろうか? ヘッドライトの形状やグレード、それにチューンの度合いやチューンメーカーの違いによって、さまざまなバリエーションがあるのだ。

販売店に足を運ぶ前にインプレッサについて知っておく必要があるのは明白だ。

1992年から2000年までの第1世代でパフォーマンスカーとしての地位を確立したインプレッサ・ターボは、おびただしい数のスペシャル・エディションを生み出し、伝説的な1999年の22Bと2000年のプロドライブP1で頂点に達した。

技術的に見れば、ここで取り上げるその後継車も失望させるようなものではない。なじみ深いボクシーなセダン・ボディで、プラットフォームはより長く強固になり、218psの2ℓターボ・ボクサー・エンジンを搭載し、前オープン・デフ、後LSDのヴィスカス・カップリング4WDである。

しかし新型車のデザイナーは、おそらく失敗は許されないと縮みあがってしまった結果、ヘッドライトを醜いものにしてしまった

 
最新海外ニュース

人気記事