海外ニュース

2018.01.11

ヤリスWRC(2018年仕様)発表 フロントの空力強化

編集部より

ヤリスWRCの2018年仕様が、公開されました。マキネン代表は、「エアロダイナミクス・パフォーマンスの向上と冷却系の改良」を実施したと紹介しています。

参戦2年目 トヨタのWRC活動

TOYOTA GAZOO Racing WRTは、最新型のヤリスWRCを発表した。

主な改良点は、フロント周りの空力パッケージ。新しいフロントバンパーとフェンダーにより、車両前方でさらなるダウンフォースを得ることで空力バランスの均衡を図るという。


また、気温の高いイベントに備え、冷却系にも改良が施された。

チームは、1月25日から28日に行われるラリー・モンテカルロに向けて、改良型ヤリスWRCでテストを重ね、最終準備を行っていくという。


なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ヤリスWRC(2018年仕様)』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ