[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ポルシェ ニュルのラップレコード更新を示唆 ル・マン用マシンで

2018.06.06

100字サマリー

ポルシェはル・マンで優勝を収めた919を改良し、ニュルブルクリンクでのラップレコード更新を狙っているようです。それに先立ち、ベルギーのスパ・フランコルシャンでも記録更新を果たしました。現在のニュル最速は956による6分11秒となっています。

もくじ

919エボを改良 スパでも記録更新
5分11秒が目標か

919エボを改良 スパでも記録更新

ポルシェはル・マン用マシンの919エボをベースとした車両で、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのラップレコードを更新することを示唆した。うわさによれば、目標タイムは5分台の前半だという。

919エボは、ポルシェが昨年のル・マン24時間レースで成功を収めたモデルだ。

レギュレーション対策をする必要がなくなったことから、ポルシェは919のエアロダイナミクスを改善し、ダウンフォースを53%増加させた。一方、車重を39kg減らし849kgとした。ポルシェはそのハイブリッドパワートレインにも手を加え、2ℓV4エンジンの最高出力を720psに、そしてモーターがさらに439psを発揮するという。

このトリビュート・ツアーの一環として、ニール・ジャニのドライブによりベルギーのスパ・フランコルシャンで1分41秒770という記録を打ち立てた。これはメルセデスのルイス・ハミルトンが2017年ベルギーGPで出した1分42秒553という記録を塗り替えるものだ。

 
最新海外ニュース