三菱アウトランダーPHEV 2019年モデル 2.4ℓ新エンジン 出力/EV最高速アップ

2018.07.20

サマリー

三菱アウトランダーPHEVの「2019年モデル」が、今夏発表・発売される見込みです。エンジンは新たに2.4ℓとなり、EV走行の最高速もアップ。写真30枚で、ご紹介しましょう。

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉) photo:三菱自動車

もくじ

今夏 正式発表へ
2.4ℓ新エンジンに EV最高速度アップ
新ドライブモード スポーツ/スノー

今夏 正式発表へ


今や三菱のフラッグシップ的存在となった、アウトランダーPHEV。2013年の発売開始以来、2015年にはフェイスリフトが行われ、2017年にはSエディションを追加して商品強化をするなど、毎年進化を続けている。

そして2018年夏、さらなる進化版として2019年モデルが発売される予定だ。主な変更内容は、PHEVシステムやS-AWCの進化など、走りに関連した実質的な部分が中心。

正式発表は8月後半だが、まずは現段階で発表されている進化内容を紹介していこう。

キルティング本革シートも

エクステリアもインテリアも、大きな変更は加えられていない。

まずエクステリア。フロントまわりではバンパー、ラジエターグリル、フォグランプベゼル、ヘッドランプなどのデザイン変更。ヘッドランプはハイビームもLED化された。

リアまわりでは、バンパーのデザイン変更とルーフエンドスポイラーの装着。また18インチアルミホイールが新デザインとなった。

続いてインテリア。フロントシートのサイドサポート部の形状変更や、上級グレードにキルティング本革のシートを採用、冷房性能の向上、パワーメーター表示の改良などが主な変更点。内外装とも変更のレベルは小さく、従来型と並べて比べないとよくわからないほどだ。

その点、ドライブトレインのアップデートはトピックに富んでいる。
 

 
最新海外ニュース

人気記事