[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型BMW X2 M35i発表 Mパフォーマンス・モデル初の4気筒に 画像8枚

2018.09.10

100字サマリー

BMWは小型SUV、X2の最上位グレード「X2 M35i」を発表しました。Mパフォーマンスとして、初めて4気筒エンジンを採用し、2.0ℓターボが306psを発揮。0-100km/h加速は4.9秒、最高速度は250km/hに達します。

来年3月に欧州発売

BMW X2シリーズの新たなフラッグシップ、X2 M35iが発表された。このパフォーマンスSUVクーペは来年3月に欧州で発売される。

BMWはこのX2 M35iを、Mパフォーマンス・モデルで初めての4気筒と説明している。この新ユニットは他のBMW車にも使われる2.0ℓツインパワー・ターボエンジンを搭載し、306ps、45.9kg-mを発揮。M140iに搭載される3.0ℓ直6エンジンを置き換えるものだ。

このエンジンにより、0-100km/h加速を4.9秒でこなし、最高速度はリミッターにより250km/hに制限される。メルセデス-AMG GLA45などのライバルより劣るが、M2やM3などと並ぶ純粋な「M」モデルではない。

このパワーはBMWのxドライブと呼ばれる電子制御4WDシステムと8速ATを介して伝達される。ローンチコントロールも標準装備。公称燃費は12.3km/ℓ、CO2排出量は191g/kmだ。

標準のX2との差異は、大音量エグゾーストシステム、アダプティブダンパー付きサスペンション、Mスポーツ・ディファレンシャルに加え、ハイパフォーマンスブレーキの採用。ステアリングもよりダイレクトなフィーリングが得られるよう改良したという。

外観は現在のMスポーツ・パッケージをベースとし、19インチまたは20インチのホイールが装着され、リアスポイラーとインテークが追加される。

内装は、Mスポーツシートやバッジなどで差別化を図った。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『新型BMW X2 M35i発表』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース