メルセデス・ベンツSクラス 直6の新ディーゼル「OM656」搭載、S400d発売

2018.09.10

メルセデス・ベンツSクラスに、新しい直6ディーゼル・ユニット搭載モデル、「S400d」が登場。全4車種の日本導入となり、いずれも高い効率性と優れた環境性能を有しています。1116万円〜。

最新クリーンディーゼル・エンジン

メルセデス・ベンツ日本は、Sクラスに新型直6ディーゼル・エンジンを搭載した「S400d」「S400d 4マティック」、13センチ全長が長い「S400dロング」「S400d 4マティック・ロング」の4モデルを追加し、受注を開始した。

バランスに優れ、コンパクトな新型直列6気筒クリーンディーゼル・エンジン「OM656」を搭載する4台は、高い効率性だけでなく、欧州に導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合する高い環境性能が特徴。

OM656は、「S450」などに搭載される直列6気筒エンジン「M256」などと基本設計を共有する、モジュラーコンセプトを採用している。

・最高出力:340ps
・最大トルク:71.4kg-m

メルセデス・ベンツ乗用車の中で最高の出力を誇るクリーンディーゼル・エンジンで、低振動と高い静粛性を両立しながら、スムーズな加速を実現。

シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとして、全長をコンパクトにまとめたことで、様々なモデルに搭載することが可能に。シリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となる一方、ピストンはスティール製とした。

こうした熱膨張率の異なる素材を採用することで、摩擦を40%以上低減。ターボは2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用。低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を実現する。
 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース