ニュース

2018.09.21

アストン マーティン 新型ミドシップ・ハイパーカー構想 限定500台

編集部より

アストン マーティンが、新たにミドシップ・ハイパーカーを製造すると発表しました。ヴァルキリー・シリーズの技術を引き継ぎ、実用性も確保、ハイブリッド・テクノロジーも投入します。限定500台です。

ハイブリッド採用、2021年後半導入

アストン マーティンが、プロジェクト003の詳細を初公開(モノクロのイラスト参照)し、ミドエンジン・ハイパーカー市場へ参入するステップを踏み出した。

プロジェクト003は、アストン マーティン・ヴァルキリー(プロジェクト001)、ヴァルキリーAMRプロ(プロジェクト002)に続いて、アストン マーティンが開発する第3のハイパーカーとなる。

003は、現在開発が進行中の公道走行可能なヴァルキリーとサーキット専用モデルのヴァルキリーAMRプロの革新的なコンセプトとテクノロジーが幅広く採用されるという。

プロジェクト003は、軽量構造ボディを備え、ターボチャージャー付きのガスエレクトリック方式のハイブリッドエンジンを搭載。公道走行可能なクルマとしては驚異的なダウンフォースを発生するエアロダイナミクスを特徴とする。

アクティブ・サスペンション・システム、アストン マーティン・ヴァルキリーおよびヴァルキリーAMRプロを彷彿とさせるドライバー・コントロール・システムを組み合わせたプロジェクト003は、公道およびサーキットの両方で、ハイパーカー・クラスをリードするダイナミクスを目指しているという。

 

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ