[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

マクラーレン・スピードテール F1後継車の詳細明らかに 邦貨2.5億円

2018.10.15

100字サマリー

マクラーレン史上最速をかたるハイパーカー、「スピードテール」が今月末に発表されるのを前に、新たなティーザー画像が公開。最高速度は、F1の391km/hを超えるとか。その名前の由来でもある独特のリアデザインが確認できます。

新たなティーザー画像公開

マクラーレンは今月下旬の発表を控えたスピードテールの詳細を発表した。このモデルは1993年に発売されたF1の後継車ともいえるモデルだ。V8ツインターボに電動ハイブリッドを組み合わせ、1000ps超の出力を発揮する。

106台のみが生産され、175万ポンド(2億5800万円)という価格ながらそのすべてが既に予約済みとなっている。今後数週間のうちにオーナー向けに公開され、公式発表は10月27日に予定されている。

新たに公開されたティーザー画像からは、その名前の由来ともなったリアエンドのデザインが見て取れる。これは今までのマクラーレン車とは明らかに異なるものだ。

サーキットでのラップタイムよりも最高速度を重視していることから、セナのようなエアロパーツが取りつけられる可能性は低い。

 
最新海外ニュース