モーガン 新型ハイパフォーマンス・スポーツカー投入 20年代中盤

2018.11.01

サマリー

クラシックスポーツカーメーカーであるモーガンは、伝統と将来の融合をテーマとした新たなフラッグシップを投入するとのことです。電動化も見据えた新設計のシャシーを用いてハンドビルドされ、2020年代中盤の発売が予定されています。

もくじ

2020年代中盤に登場へ
新シャシーを開発
伝統と将来の融合
モーガンの今後は

2020年代中盤に登場へ

モーガンは新たなフラッグシップとなるハイパフォーマンス・スポーツカーを開発中だ。ジャガーEタイプ世代のクラシカルなデザインを現代によみがえらせるつもりのようだ。

この新モデルはクーペとロードスターの2タイプが用意されるとのことだ。社内の30人程度で構成されるデザインとエンジニアリングチームが開発にあたっている。

この2ドア2シーターのクーペはハンドメイドされ、アストン マーティンV8ヴァンテージと同等の価格で2020年中盤に登場予定だ。新たなアーキテクチャを使用しながら、以前のモーガンと同様のフロントエンジン・リアドライブのレイアウトを引き継ぐとのことだ。

モーガンの幹部らはこの新型車のパフォーマンスなどについて口を噤んでいる。これは電動化を含めた複数のパワートレインが用意されることだけが理由ではない。初期のバージョンでは350ps超の過給器付き6気筒ガソリンエンジンを搭載し、6速MTまたはパドル付きATが組み合わされる。

そのパフォーマンスはプラス8と同等になり、最高速度は240km/h超、0-97km/h加速は4.5秒以下となるようだ。

 
最新海外ニュース

人気記事