ニュース

2019.03.12

ルノー・日産・三菱自、新たに「アライアンス・オペレーティング・ボード」創設

編集部より

ルノー・日産・三菱自のニュースです。3社連合が20周年を迎えるにあたり、新たに「アライアンス・オペレーティング・ボード」が創設されると発表されました。議長はスナール会長が務めます。

アライアンス発足20周年

ルノーS.A.、日産、三菱自の連合が新たな局面を迎えた。

ルノーのジャン・ドミニク・スナール会長、日産自動車の西川廣人取締役社長兼CEO、ルノーのティエリー・ボロレCEO、三菱自動車の益子修取締役会長CEOが、アライアンス・オペレーティング・ボードを新たに設立する意向を表明したのである。

アライアンスの継続的な強化と今後の成功を支える土台作りを目指す同ボードは、ルノーの会長であるスナールが議長を務め、日産、ルノー、および三菱自のCEOが同ボードに加わる。

アライアンス・ボードは日産、ルノー、三菱自3社の協業を推進するとともに、各社の株主および従業員の価値創造を実現するための取り組みを追求していく。同ボードは、RNBVおよびNMBVに代わり、アライアンス内のオペレーションおよびガバナンスを監督する唯一の機関となり、アライアンスの「新たなスタート」の顔として、けん引していくもの。アライアンス・ボードによるオペレーション上の意思決定は、アライアンスのWIN-WINの精神に則り、同ボードメンバーの合意に基づき、行われるという。

本件の正式契約は、アライアンス発足20周年記念にあわせて締結する予定だ。

アライアンス・ボードは、毎月パリまたは東京で開催され、重要な価値創造を目的とする取り組みやその成果をステークホルダーに対し、定期的に状況報告していく。同ボードはパートナー3社の価値の拡大を実現する、新たな手法の提案および実行を推進するため、具体的なテーマに沿ったプロジェクトを立ち上げる。

アライアンス発足20周年を迎えるにあたり、日産とルノーの取締役会は、これまでアライアンスが両社とそのパートナーにもたらしてきた多大なる貢献を改めて評価。アライアンス・ボードは、日産、ルノーおよび三菱自が力を合わせて急速な変化および競争の激化に直面する世界の自動車業界においてトップの座に立つための一助となるべく設立された形だ。

日産、ルノー、および三菱自の従業員の強い決意と貢献、そしてダイムラーとの建設的な協力関係を通じて、アライアンス・ボードはすべてのパートナーにメリットをもたらしWIN-WINになる取り組みを引き続き追求していくとしている。

 
最新海外ニュース