アンチSUV派に捧ぐ 新車のSUV価格で買える、魅惑の中古車 18選

2019.05.12

100字サマリー

まるでSUVに支配されてしまったかのような自動車世界ですが、ありきたりな新車のSUVに支払うのと変わらない金額で、より個性的で魅力あふれる1台を手に入れることが出来ると英国版AUTOCARは主張しています。今回はそんな彼らお勧めの18台をタイプ別にご紹介します。

もくじ

SUVが支配する世界
クーペ
スーパーサルーン
ロードスター
ホットハッチ
変わり種
アンチ・クロスオーバー
番外編1:人気の秘密
番外編2:それでも新車のSUVが必要なら……

SUVが支配する世界

2018年、欧州市場でもっともシェアを伸ばした10台のうち、何台がクロスオーバーやSUVと呼ばれるモデルだったか気になるだろうか? 10台すべてがこうしたモデルだったのだから、気にならなくても当然だ。SUVはもはやトレンドではなく、完ぺきに市場に根づいている。

毎年20%で成長を続けた結果、すでにSUVは新車市場の1/3を占めるまでになっており、われわれはいま、まさにSUVが世界の1/3を支配する、ジョージ・オーウェル作「1984」の自動車版とも言える状況にあるのだ。新車選びをするひとびとは、サルーンやエステートモデルのカタログを眺めでもしようものなら、思想警察に逮捕されるのではないかと恐れるあまり、素直にリース契約でSUVモデルを購入することを選んでいる。

いま、英国におけるSUV販売台数ランキング3位の座を確保しているのが、セアト・アローナだが、この小さなスペイン製クロスオーバーは、新車購入を考えるひとびとの間で大変な人気であり、われわれもお気に入りのこのモデルを、クラストップの1台だと評価している。

小型モデルとしては十分に洗練され、広々としたキャビンが魅力のアローナは、つまらないルックスと、さらにつまらないドライビング性能を除けば、多くの点で高く評価されるべきモデルであり、しかも、走らせても極めてスローなペースを楽しませてくれる。

つまり、このクルマのエントリグレードを購入するために、1万6750ポンド(241万円)を支払うのであれば、はるかに素晴らしいお金の使い道があるはずだということだ。

ここに、よりスリリングなドライビング性能や個性的なキャラクター、ときには奇抜な程の魅力的なルックスを備え、同じ金額かさらに手ごろな価格で手に入れることのできる18台をご紹介しよう。

SUVが支配する世界だからと言って、その住人になる必要などないのだ。

 
最新海外ニュース