海外ニュース

2019.05.23

次期BMW i8(2) 6気筒+モーターで600ps? ハイブリッド案 そのライバルは?

編集部より

次世代型「BMW i8」のニュース第2弾。完全EVになるか、高出力ハイブリッドか。ここでは、4気筒または6気筒+モーター案についてレポートします。

もくじ

ハイブリッド案 利点はコスト
合計出力 600ps超えも
次期i8のライバルたち

ハイブリッド案 利点はコスト

既報でレポートした、BMWが次期型i8を完全EVにするという情報。あるドイツのメディアは、すでに同社がEV化を決めているのではないか、と指摘している。それに対し、BMWの上層幹部が次のように答えているという。

「新型i8には2つの方向性が考えられます。どちらもそれぞれ利点はありますが、まだ最終的な決定には至りません」

原材料やバッテリー・セルの供給に関する契約は、ハイブリッド車や電気自動車を生産する上でますます重要性を増している。次期型i8をどの方向へ進化させるかという決定は、発表を計画どおりに進めるためには、2019年中に下される必要がある。

次期型i8もハイブリッド化するという計画の利点の1つは、現行モデルのカーボンファイバーとアルミニウムを組み合わせたプラットフォームを、比較的簡単かつ低コストでアップグレードし、新しいガソリン・ハイブリッドのパワートレインを搭載できるところにある。

「i8にはカーボンファイバー・シャシーが採用されているので、できればこれをベースに使って、さらにパフォーマンスを向上させた電気モーターと内燃エンジンを搭載したい」と、BMWの開発部門を率いるフレーリッヒはi8の将来に関する質問に答えている。

next page合計出力 600ps超えも

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ