BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2019.06.20

BMW i8後継モデルか? ヴィジョンMネクスト 予告画像3枚 

編集部より

BMWが近日発表する「ヴィジョンMネクスト」のティザー画像です。テクノロジーが “運転の歓び” を広げることを示すモデルだとか。i8の後継車を予告するものと思われます。

次世代型i8のティザー画像か

BMWが新型スポーツカー・コンセプトのティザー画像を公開した。実車は近日予定されている同社のプレゼンテーションで発表になる。

この「ヴィジョンMネクスト」と名付けられたコンセプトカーは、BMWによれば同社の「純粋な運転する歓びの新時代」を見せるという。おそらく将来的なi8の後継車を予告するものだと思われる。

ティザー画像には、アーティストのトーマス・デマンドが厚紙で制作したクルマのディテールがいくつか描かれているだけだ。しかし、そんな中にもBMWの現行プラグインハイブリッド・スポーツカーを連想させる低いルーフのドラマティックなデザインを見ることができる。

このドイツ車メーカーは、以前発表したヴィジョン・コンセプトについて「自動運転機能が車内での過ごし方をどのように変えるか」を示しているとしていた。このコンセプトは、近々発売される電動SUV「iネクスト」の市販モデルをプレビューするものだった。一方で今回のMネクストは「テクノロジーがどのように運転の歓びを拡大するかを表す」としている。

「モビリティの新時代において、インテリジェントなテクノロジーはスポーティなドライビングを増幅させることになるでしょう。乗員は究極的なドライバーに変わるのです」とBMWは謳っている。

次世代型i8について公式に発表されている情報は少ない(車両のイラストはAUTOCARの予想図)。

しかし、同社の情報提供者によると、BMWの上層部はi8の後継モデルを完全な電気自動車として2023年に発表する可能性があるという。当初の計画では、プラグインハイブリッドの現行型i8をよりパワフルな四輪駆動に進化させることが構想されていた。それが今では、EVの方が同社のイメージをけん引するモデルとして相応しいと考えられている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ