[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

ルノー/日産、グーグル傘下「ウェイモ」と独占契約 自動運転サービス検討

2019.06.24

100字サマリー

ルノーと日産自動車が、グーグル傘下で自動運転技術を開発しているウェイモと独占契約を結びました。まずは日本とフランスで、ドライバーレス・モビリティサービス実現の可能性について検討していくとのことです。

もくじ

ひととモノを運ぶドライバーレス・モビリティサービス事業を目指す
既にFCAと提携していたウェイモ
ウェイモはジャガーから2万台のIペイスを購入

ひととモノを運ぶドライバーレス・モビリティサービス事業を目指す

ルノーと日産自動車は、自動運転技術を開発しているウィエモと新たに結んだ独占契約に関する内容を明らかにした。

アライアンスとして自動運転車の共同開発に取り組むルノーと日産は、カリフォルニアに本拠を置く巨大ソフトウェア会社グーグル傘下のウェイモと、まずはフランスと日本で「ドライバーレス・モビリティサービス実現の可能性について検討」を行うという。

3社は具体的に車両を使った自動運転テストの計画は明らかにしていないものの、乗客および配送向けのドライバーレス・モビリティサービス事業に関して、あらゆる側面で実現の可能性を検討していくと発表した。

ルノー・日産アライアンスは、グローバルに展開している乗用車および小型商用車の幅広いラインアップが、ひととモノの運搬を対象とする自動運転技術の可能性を研究することに役立つと述べている。

まずはルノーと日産自動車それぞれのホームマーケットであるフランスと日本でその可能性について検討を行い、それから他の市場への拡大を計画しているという。

 
最新海外ニュース