ニュース

2019.06.25

1900ps 詳細解説 ピニンファリーナのEV「バッティスタ」 2020年発売

編集部より

3月のジュネーブ・モーターショーで発表されたピニンファリーナ・バッティスタのデザインに、わずかな修正が施されました。4基のモーターが合計1900psを発生するこのEVは、今年後半からサーキットで開発テストが行われ、2020年に発売される予定です。

もくじ

フロントエンドとサイドミラーの形状を変更
リマックとの関係は?
既に30人以上が代金を支払い済み
伝統的なミドシップ・スーパーカーのプロポーションを踏襲
次に登場するのは3台のSUV
創業者の夢を実現

フロントエンドとサイドミラーの形状を変更

イタリアの自動車メーカー、アウトモビリ・ピニンファリーナはデザインをわずかに修正した「バッティスタ」を、その地元であるトリノで公開した。この1900psの電動ハイパーカーは今年後半から始まる開発テストプログラムで使われる。

空力テストの最終段階によって修正されたフロントエンドのデザインは、ボンネットから続くラインがより明確になった。サイドミラーの形状も、周囲を流れる空気を最適化するために変更されている。

バッティスタはこれから風洞実験を行った後、元フォーミュラ・ワンやフォーミュラEドライバーのニック・ハイドフェルドによる指導に基づき、厳しいサーキットでのテスト・プログラムが始まる。

リマックとの関係は?

メーカーによると、バッティスタはこれまでイタリアで製造された最もパワフルな公道走行仕様車であるという。各車輪に1基ずつ搭載された電気モーターは、合計で最高出力1900psと最大トルク234.5kg-mを発生。0-100km/hを2秒以下、0-300km/hを12秒以下で加速し、最高速度は350km/hに達するとピニンファリーナは発表している。

そのパワートレインの大部分は、リマックC_Twoと共有するが、アウトモビリ・ピニンファリーナのミハエル・ペルシュケCEOは2台の技術的な差違を強調する。

「アウディR8とランボルギーニ・ウラカンのようなものとは違います。これらの2台は工学的に見れば同一のクルマです。しかし、バッティスタとリマックC_Twoが共有する純粋な工学的コンポーネントは40〜50%に留まります。共有するのはドライブトレインの骨格ですが、独自のチューニングが施されます。それによって、加速の仕方やドライブモードのキャラクターなどはまったく違ったものになります」

マテ・リマックが設立したクロアチアのEVメーカーで、ポルシェが株式の一部を保有するリマックと、アウトモビリ・ピニンファリーナの関係を、ペルシュケは「フレネミー(友人でありライバル)」と表現した。競い合いつつ協力し合うという意味だ。

「当社はマテにとって最大の顧客です。日々の経営的な観点から見れば、われわれは彼にとってポルシェ以上に関係性が深い存在であるはずです」

 
最新海外ニュース