ニュース

2019.07.08

ロールス・ロイス東京、都心の夜景とブラック・バッジの写真展 実車も展示 7/13まで

編集部より

ロールス・ロイスのブラック・バッジ・シリーズが好調です。東京のディーラーで実車を集め、写真家が撮影したスチールを展示しています。13日まで。

小川義文も撮影

ロールス・ロイス・モーター・カーズが監修した写真シリーズ「ブラック・バッジ:東京アフターアワーズ」が発表された。一部の写真については、本日から7月13日までブラック・バッジの実車と共に、ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京のショールームにて展示されている。

小川義文氏をはじめとする、日本、イギリス、シンガポール3カ国の写真家による写真は、妖しい東京の夜を背景に、ブラック・バッジならではのダークでエッジーな風景を表現している。

「ブラック・バッジ:東京アフターアワーズ」展は、ブラック・バッジ全3モデル(ドーン、レイス、ゴースト)を、世界で活躍する写真家3人のレンズを通して紹介するもの。都心の夜を楽しみ、そして街はずれの静かな孤独の中へ逃げていくという共通のストーリーに、3人がそれぞれ独自の解釈を加えている。2017年から2019年にかけて撮影された18枚の写真が今回初めて一堂に展示されたことになる。

日本の写真家、小川義文は、自分の生まれた街を新しい眼で見つめたという。まず、銀座の華やかな喧騒の中を行くレイス・ブラック・バッジ。そして、街を縫う高架の首都高を抜け、レインボーブリッジを渡るレイス・ブラック・バッジとゴースト・ブラック・バッジ。都会の樹林然とした高層ビル群の下には皇居のお堀や閑静な寺院がたたずんでいる。

今回の展示に第三者的な視点をもたらすのは、イギリスのマーク・リッチョーニは、最近ロンドンで写真シリーズ「ファントム・オフデューティ」を発表したばかり。3人目の写真家はダレン・チャン。シンガポールの街の明かりに囲まれて育ったチャンがまず惹かれたのは、きらびやかな光を放つ新宿の街だった。

ロールス・ロイス・モーター・カーズのアジア太平洋地域ディレクターのポール・ハリスは、次のようにコメントを発表している。「ブラック・バッジの衝撃的ともいえる魅力は東京の街に実に似つかわしく、実際に日本のお客様から大きな反響をいただいております。日本で販売されるゴースト、レイス、ドーンの40%強をブラック・バッジ仕様が占めています。東京の都市景観の多様性は、ハイテクや貿易関連、そしてクリエイティブ産業や伝統美術工芸など、ロールス・ロイスの東京のお得意様が手掛けて成功を収められている、多種多様な業種を映すものです。今回、東京の街を背景にブラック・バッジの本質を見事に切り取ってくださった3人の写真家に感謝し、展覧会の開催をともに祝いたいと思います」

写真展はロールス・ロイス・モーター・カーズ東京(東京都港区芝2-7-17)にて、7月8日(月)〜13日(土)の6日間開催される。被写体となったブラック・バッジについても全モデルを同時に展示する。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ