【最低落札価格に到達せず】日産スカイライン2000GT−R(1973年) BHオークション

2020.01.12

サマリー

日産スカイライン2000GT−R(1973年)がBHオークションに出品されました。KPGC110こと、僅かに197台のみが生産された希少な「ケンメリR」です。予想落札価格は4300〜4600万円。4000万円まで競りましたが、流札です。

もくじ

日産スカイライン2000GT−R(1973年)の概要
日産スカイライン2000GT−R(1973年)の詳細

日産スカイライン2000GT−R(1973年)の概要

・3000万円からスタート
・流札
・予想落札額は4300〜4600万円だった
・僅かに197台のみが生産された希少な「KPGC110」
・走行距離計の表示は4万3460km
・オリジナル度の高い良質なコンディション
(落札金額には手数料等別途費用がかかります)

出品された日産スカイライン2000GT−R(1973年)
出品された日産スカイライン2000GT−R(1973年)

日産スカイライン2000GT−R(1973年)の詳細

当時の広告キャンペーン、「ケンとメリーのスカイライン」にちなんだ「ケンメリ」の愛称でも知られる4代目は、現在に至るスカイラインのキャラクターを決定付けたモデル。

そのスポーティにしてラグジュアリーな風情も漂わせるエクステリアは、往年の日本車らしくアメリカ車の影響も感じさせる佇まいだが、サーフィンラインと呼ばれたボディサイド下部の特徴的キャラクターラインは先代から継承している。

出品車は全体的にオリジナル状態を維持し、定番のワタナベ製ホイールと社外サスペンション以外に大きな改造箇所は認められない。走行距離計は4万3460km。
出品車は全体的にオリジナル状態を維持し、定番のワタナベ製ホイールと社外サスペンション以外に大きな改造箇所は認められない。走行距離計は4万3460km。

2ドアハードトップと4ドアのGTモデルで初採用となった丸型4灯のテールランプデザインは、実に10代目まで引き継がれるスカイラインのアイコンにもなった。しかし、そんなC110型をベースとしたKPGC110型、2代目GT−Rは不遇な存在として名を残すことになる。

GT−Rといえば初代、あるいは1989年に復活した3代目に代表されるモータースポーツ界での華々しい活躍をイメージするクルマ好きは多いはず。だが、この2代目に関しては発売の前年に開催された東京モーターショーでレーシング仕様のコンセプトカーが出展されたのみ。実戦に投入されることはついぞなかった。

そればかりか、市販モデルの販売も発売された1973年のうちの数か月のみ。公称の総生産台数も、わずか197台とされている。

その理由は販売の目的が先代から受け継いだ2L直列6気筒エンジン、S20型の在庫処分だったというものや、エンジンに装着するキャブレターが197台分しかなかった等、諸説あるようだが、結果として2代目はGT−Rというより極めて希少な量産車としてクルマ好きの記憶に刻まれることとなった。
 
出品車は全体的にオリジナルの状態をきちんと維持しており、定番のワタナベ製ホイールとサスペンションが社外品に変更されている以外は大きな改造箇所は認められない。走行距離計も4万3460kmを示す低走行車である。希少性という意味ではトヨタ2000GTにも負けず劣らずのケンメリGT−R。その価値は今後さらに上昇していくことだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事