【ロータリーが呼んでいる】ドイツ〜日本をNSU Ro80で走破 マツダ本社を訪問

2020.02.14

100字サマリー

ロータリーエンジンを搭載した1967年式NSU Ro80に乗って、ドイツからロシアを横断し、広島のマツダ本社までの大旅行を成功させたクラウス・フォン・ダイレン。長距離ドライブやロータリーへ寄せる強い思いをうかがいました。

もくじ

ドイツから日本まで走破したNSU Ro80
素晴らしい体験の連続だった
ロータリー・モデルが出れば購入したい

ドイツから日本まで走破したNSU Ro80

2019年8月、ドイツ在住のクラウス・フォン・ダイレンが、ご婦人と一緒に1967年式のNSU Ro80でユーラシア大陸を横断。日本のマツダ本社まで1万1000kmを自走で訪問するという、大旅行を達成した。

NSU Ro80は1967年から1977年にかけて、今のアウディの一角をなすNSU社が製造していた、ロータリーエンジン搭載の4ドアサルーン。同じくロータリーエンジンを搭載した2ドアクーペ、コスモ・スポーツを生み出したマツダ本社を訪れるのは、必然の流れだったようだ。

広島のマツダ本社を訪れたクラウス夫妻と1967年式NSU Ro80
広島のマツダ本社を訪れたクラウス夫妻と1967年式NSU Ro80

これまで20年に渡って、婦人と一緒に長距離ドライブに情熱を傾けてきたというクラウス。ドイツから日本までクルマで走ろう、と考えついたのは、1908年のニューヨーク-パリ耐久ラリーから100周年記念を迎えた、2008年だった。

このラリーは、ニューヨークをスタート地点にアメリカ大陸を横断。海を渡って横浜を経由してロシアへ入り、パリを目指すという、ほぼ地球を1周するルートが設定されていた。

ニューヨークからサンフランシスコまでのアメリカ大陸横断は、2008年に長距離ドライブ愛好家や友人と、既に走破していたクラウス。2018年の8月に「今やらなければいつやるのか」という想いに駆られ、ユーラシア大陸の走破を決めた。

そこで設定したルートが、日本からドイツへ向うルート。当時と方向は逆向きだが、Ro80で走ることは当然のことだった。実現に向けて準備を進めている中で、広島のマツダ本社を訪問することを思いついたそうだ。

Ro80はNSU製でマツダのクルマではないが、珍しいロータリーエンジンという技術に、結びつきを感じたという。「NSU以外でロータリーエンジンを作った唯一のメーカーを訪問する、またとない機会を提供してくれるルートでした」と振り返るクラウス。

 
最新海外ニュース