【販売増 2つの理由】マクラーレン日本支社 見えた課題・次の一手

2020.02.18

パーツ待ちを短縮化

ーーそうしたマクラーレンらしい訴求が進み、昨年は皆さんの想定以上の売り上げを記録。また、新車販売を後押しするために、リセールバリューをコントロールする上で重要な、認定中古車事業を始めるなど、事業は順調に推移しているように見えるが、課題はあるか?

「販売のスケールが一気にアップしたことで、東京と大阪ではサービス体制のキャパシティが追い付かず、お客様にご不便をおかけしてしまった。すでに改善を進めており、今後は商品クオリティとサービスクオリティをさらに充実させ、お客様の満足度を上げることに注力したい。パーツの供給についても、これまで週2回ペースだったが毎日対応できる体制に変えた」

サーキット走行をするカスタマーが多いという同社のラインナップにあって新型車「GT」は日常使いが想定される。
サーキット走行をするカスタマーが多いという同社のラインナップにあって新型車「GT」は日常使いが想定される。

「認定中古車については、確実なメインテナンスを維持するためにも必要だと考えている。マクラーレンでは実際にサーキット走行をするお客様が多く、弊社のオフィシャルメカニックによる正規の整備を推奨している」

楽しむコミュニティを

ーー今年は「GT」の本格市場導入となるが、どのような新規顧客層を想定しているか?

「GTは、サーキット走行を楽しむスーパーカーセグメントではなく、日常遣いを主体とするグランドツーリングとなる。ファッション感覚でお使い頂く方が多くなるだろう。競合としては、アストン マーティン、ベントレー、マセラティ、ジャガーなどが考えられる」

一般的なブランディング活動と、富裕層向けのニッチマーケティングの必要性を強調した正本氏
一般的なブランディング活動と、富裕層向けのニッチマーケティングの必要性を強調した正本氏

ーー中期経営計画トラック25が確実に実施されているマクラーレン。日本市場として今年、販売台数としての目標、または事業全体として目指す目標は何か?

「数字は結果的についてくると思う。マクラーレンのモットーである究極のドライビングエンゲージメントを、より多くの方に触れて頂きたい。エキサイティングな体験を楽しむコミュニティを作りたい。そうした中で、マクラーレンを選んで頂けるようにしていきたい」

 
最新海外ニュース

人気記事