【マイルドハイブリッドを優先】ランドローバー レンジローバーのV8ディーゼルエンジン 生産終了か 英報道

2020.03.31

サマリー

ランドローバーのマイルドハイブリッドモデルの導入に伴い、老朽化したV8ディーゼルの生産終了の可能性が英国で出てきました。加速と効率の両方の面で優れた、4気筒および6気筒ディーゼルのMHEVが優先されると予想されています。

もくじ

マイルドハイブリッドを広範囲で採用
V8ディーゼル生産終了か

マイルドハイブリッドを広範囲で採用

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

英ランドローバーは、今後数か月以内に、レンジローバーとレンジローバー・スポーツに、新しいマイルドハイブリッド・ディーゼルエンジンを導入する。

それは実質的にV8ディーゼルの終焉を意味すると、AUTOCAR英国編集部はとらえている。

レンジローバー・スポーツ
レンジローバー・スポーツ

昨年、新しいイヴォークとディスカバリー・スポーツに、初めて4気筒エンジンのマイルドハイブリッドシステムが導入された。

正式な発表はまだされていないが、このシステムは、2つの新しい6気筒ディーゼルモデルにも導入される予定となっている。

レンジローバー・スポーツのHSE、HSEダイナミックおよび、オートバイオグラフィー・ダイナミックでは、D300のバッジ付きの、300psを発生する3.0L MHEVユニットが提供されると予想されている。

マイルドハイブリッド・システムは、効率を向上させるだけではなく、統合されたスタータージェネレーターの働きで、スムーズな停車と発車を実現することができる。

老朽化したV8ディーゼルエンジンよりも、加速と効率の両方の面で優れていると言えるだろう。

D350バッジ付きの350psを出力する、同じエンジンのさらにパワフルなバージョンは、HSTなどのハイエンドモデルで利用可能となる。

10年前の設計をベースとし、現在メキシコで製造される、フォードの4.4LディーゼルV8は、この新しいユニットに置き換えられる。

 
最新海外ニュース

人気記事