【1位は日本車】2019年に世界で最も売れたクルマ20選 半数以上を日本車が占める

2020.05.21

4位 ホンダCR-V 82万3237台

ホンダCR-Vの売れ行きは、世界的にSUVの販売が伸びている証拠の1つを示している。

2019年の販売台数は前年比12%アップ。2018年の7位から4位にまで順位を上げた。

ホンダCR-V
ホンダCR-V

フォルクスワーゲン・ティグアンより5万台も多く売れたことが、CR-Vの人気を表していると言えるだろう。

まだトヨタRAV4の圧倒的な販売実績には届かないものの、CR-Vのモデルチェンジが行われた2018年から、大幅に増えた2019年の販売実績は、ホンダの自信を証明することになった。

3位 トヨタRAV4 96万1918台

トヨタRAV4の2019年における世界販売台数は、もう少しで100万台に届きそうだった。大台まであと4万台以下。2位のフォードFシリーズまであと11万台以下というところにまで迫っている。

前年の16%も増加した2019年の販売実績に、トヨタはさらに勢いづけられるに違いない。

トヨタRAV4
トヨタRAV4

RAV4の販売台数が100万台に届かなかったのは、その重要な市場である中国で、新型の導入が遅れたからだ。

同国における新型の発売が反映される2020年は、おそらく新型コロナウイルス流行の影響も最小限に留めることができるだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事