国内ニュース

2017.12.10

輸入車の新車シェア 11月として過去最高 「2017年11月に売れたインポートカー」

[編集部より]

恒例の新車販売クイズです。新車の販売実績で、輸入車のシェアが11月として過去最高(10.0%)に! その要因は?

Q:登録車に占める輸入車のシェアは11月単月としては過去最高の10.0%を記録。その要因は?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

A:日産/スバルが不正問題でシェアダウン

輸入車自体の新車セールスが堅調なことに加え、日産自動車とスバルが完成検査不正問題の影響で販売成績を落としたことが、輸入車のシェア拡大につながった。

外国メーカー車の新規登録台数 4カ月連続で前年越え

輸入車の新車販売は好セールスを継続する。11月の外国メーカー車の新規登録台数は、

・前年同月比8.0%増の2万5770台(4カ月連続プラス)

を達成。日本メーカー車含でも同8.2%増の2万9511台と、4カ月連続で前年実績を上回る。登録車に占める輸入車のシェアは10.0%と、11月単月としては過去最高を成し遂げた。


輸入車市場の動向に関してJAIA関係者は「11月の外国メーカー車の販売は好調を維持するメルセデス・ベンツやBMWに加え、フォルクスワーゲンとアウディが回復。さらに、フランスやイタリアなどのブランドも好成績を成し遂げ、全体として登録台数を伸ばした。価格帯別では、

・400万円以上1000万円未満:前年同月比28.5%増と好セールスを維持
・ボリュームゾーンの400万円未満:同2.6%減
・1000万円以上:同6.4%減

となった。カテゴリーではSUVモデルの人気が依然として高く、各ブランドも設定車を強化中。また、ディーゼル車の販売も堅調で、11月は全登録台数の22.2%に達した」と明示。これからの見通しについては「SUVモデルやディーゼル車を中心に引き合いは活発なので、設定車種がより拡充すれば好成績を維持できる公算大。年末のボーナス商戦に向けて販売キャンペーンなども精力的に行われるので、これらがどれくらい効果を上げるのかも注目ポイント」と解説した。

next page11月「インポートカー」新規登録ランキング

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース