国内ニュース

2018.07.05

フィアット500トロピカーレ 南国の夏をイメージ 画像7枚

編集部より

フィアット500トロピカーレが発売されました。「南国の夏」をイメージした限定車で、コーラルレッドというイメージカラーを内外装に採用しています。画像7枚でご紹介しましょう。

「コーラルレッド」を内外装に

FCAジャパンは、フィアット500(チンクエチェント)の限定車「500トロピカーレ」を、150台限定で発売した。

イタリア語で「熱帯」を意味する「Tropicale」が由来の限定車で、サンゴをイメージした鮮やかなコーラルレッドのボディカラーや、同じくコーラルレッドとアイボリーの色彩が調和したインテリアにより、南国の夏の雰囲気が随所に漂うモデルとなっている。

ボディカラーには、限定車専用のコーラルレッドを採用。インテリアは、アイボリーを基調に、シートパイピング、チェック柄のシート表皮、ダッシュボードなど、様々な部位にあしらった鮮やかなコーラルレッドと相まって、明るい室内空間とした。また、光沢感ある専用アルミホイールとクロームパーツとの組み合わせが、エクステリアの上質感を演出する。

本限定車は、快適アイテムを満載した1.2ラウンジをベースに、バイキセノンヘッドライト、ガラスルーフ、フルオートエアコン、リアパーキングセンサーに加え、強い日差しから乗員を保護するリアプライバシーガラスも標準装備している。

150台の限定販売で、価格は235万円。

フィアット500トロピカーレ 特別装備一覧

14スポークVデザイン15インチアルミホイール
専用シートカラー
リアプライバシーガラス

なお、AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『フィアット500トロピカーレ 南国の夏イメージ』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ