国内ニュース

2018.10.10

トヨタ・パッソ改良新型 マイナーチェンジで、大開口フロントグリルに

編集部より

「トヨタ・パッソ」のマイナーチェンジが行われました。モーダ・シリーズは、大開口のフロントグリルを採用する新デザイン。安全面やインテリアの質感もアップグレードされました。

夜間の歩行者検知に対応

トヨタは、パッソのマイナーチェンジ・モデルを発売した。

デザインの質感向上を図るとともに、歩行者を検知してブレーキをアシストする衝突回避支援システムを設定し、安全装備を強化したのが特徴。

デザインでは、スマートで上質な装いの「モーダ・シリーズ」は、大開口のフロントグリルや、L字型のフォグランプベゼルでワイド感を強調。大胆かつ上質な印象としたほか、暖色系の外板色ブリリアントカッパークリスタルマイカを新設定した。

さらに、モーダGパッケージには、上質な15インチのアルミホイール、フォグランプベゼルに配したLEDイルミネーション、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにしたドレスアップパッケージを新設定している。Xシリーズは、フロントグリル上部に添えたシルバー塗装のアクセントでシンプルかつシャープな印象を付与した。

安全面では、歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどをパッケージ化した衝突回避支援システム スマートアシストIII、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。

さらに、真上から見ているように周辺映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビュー対応ナビレディパッケージを設定し、駐車時の安全確認をサポートする。

価格は、下記の通り。

X:117万7200円〜164万7000円
モーダ:153万3600円〜186万8400円

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ