トヨタ・パッソ1.0 +Hana

公開 : 2014.05.26 17:19  更新 : 2021.01.28 18:13

トヨタのベーシックコンパクト、パッソがこの春にマイナーチェンジを受けた。すでに4月14日から発売が開始されているが、ようやく実際に試乗する機会が得られたので、さっそく紹介しよう。

パッソはトヨタとダイハツが共同開発する小型車で、ヴィッツよりもさらにボトムのレンジを担うエントリーモデル。従来型の登場は2010年2月だから、発売以来4年2カ月という長いスパンを経て、ビッグマイナーチェンジが行われたことになる。

注目は大幅な燃費向上を達成した1.0ℓの3気筒ユニット。燃焼室形状の変更や11.5:1という高圧縮比の採用、バルブタイミングの最適化など燃焼効率の向上に加え、9km/h以下でエンジンを停止するアイドリングストップ機構を装着したことにより、27.6km/ℓ(JC08モード)という優れた燃費を達成。マイナーチェンジ前の23.0km/ℓから約20%もの性能向上を実現し、純ガソリンエンジン搭載車としてはNo.1となっている。エコカー減税は免税だ。

試乗したのは、女性ユーザーをターゲットにしたボディカラーや内外装の装備を誇る「+Hana」。サクラパールマイカとホワイトの2トーンカラーは、実車を前にすると意外に落ち着きが感じられ、写真よりも好印象。エボニーブラウンのシートはいわゆる“チョコレート色”で、ドアを開けて車内に乗り込むとお菓子でできたクルマのような錯覚を憶える。

インテリアの造形や装備に変更は少ない。今では珍しくなったベンチシートに座り、エンジンをスタート。3気筒ユニット独特のサウンドや振動は相変わらず感じられるけれど、かといって特段に不快というレベルでもない。ステアリングコラム横から生えるシフトセレクターをDレンジに入れて動きだすと、ポロポロポロ……という排気音を響かせながらのんびりと加速していく。上り坂では排気量ゆえのトルク不足は明らかだけど、都市部における近〜中距離での使用がメインと考えるならば、これで必要充分という感じもする。それよりも驚くほど明るく開けた視界や、最小回転半径4.7mという取り回しの良さ、小物入れなどが充実したインテリアは魅力的。決して派手ではないけれど、トヨタ&ダイハツの実直なクルマ作りが実感できる1台だ。

(文・佐橋健太郎 写真・田中秀宣)

トヨタ・パッソ1.0 +Hana

価格 144.4255万円
0-100km/h na
最高速度 na
燃費 27.6km/ℓ
CO₂排出量 84g/km
車両重量 910kg
エンジン型式 直3DOHC, 996cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 69ps/6000rpm
最大最大トルク 9.4kg-m/4400rpm
馬力荷重比 75.8ps/t
比出力 69.3ps/ℓ
圧縮比 11.5:1
変速機 CVT
全長 3650mm
全幅 1665mm
全高 1535mm
ホイールベース 2440mm
燃料タンク容量 40ℓ
荷室容量 na
サスペンション (前) マクファーソン・ストラット
(後)トーションビーム
ブレーキ (前)Vディスク
(後)ドラム
タイヤ 165/65R14

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記