メルセデス-マイバッハS600

公開 : 2015.01.15 23:55  更新 : 2017.05.13 12:50

■どんなクルマ?

独立したモデルとしては失敗したマイバッハ・プロジェクトを受けて、メルセデスはラグジュアリーで豪華な装備を持ち洗練されたSクラスのバリエーションとしてマイバッハを復活させた。ネーミングも、メルセデス-マイバッハS600となった。

もちろんそのクオリティは、ベントレー・フライング・スパーやロールス・ロイス・ゴーストのユーザーをも説得させる必要があるゆえ、スタンダードなSクラス以上だ。

まずスタンダートなSクラスと異なるのはその長さと高さだ。全長は207mm延長され、レッグルームに159mmの余裕をプラスしている。また、全高は2mmほど高くなったが、レイアウトの変更によって室内高は12mmほど拡大されている。

室内は様々な本革、ウッドが多用され、ルーフ・ライナーとステッチのアレンジが与えられる。

その装備品のリストは非常に長く、必然的にその装備品の多くはパッセンジャーの快適性を中心に考えられたもの。ヒーテッド & マッサージ・シート、ヒーターの入ったアーム・レスト、イオン化されたエア供給装置、1540W、24スピーカーのブルメスター3Dサラウンド・システムなどが付けられる。

われわれがここでテストしたモデルは、ファースト・クラス・キャビンと呼ばれるインテリアを備えたもので、唯一のオプションである£7,200(129万円)のスペシャル・ペイントが施されたもの。リアのシートは、通常の3座から43.5度までリクライニングできる2座に変更されている。このリア・シートには、折り畳みテーブル、温度調節が可能なカップ・ホルダー、銀メッキされたシャンパン・フルート、冷蔵庫なども標準で与えられる。

関連テーマ

 
最新試乗記