シボレー・コルベットZ06

公開 : 2015.01.15 23:50  更新 : 2017.05.29 18:36

■どんなクルマ?

659psを叩き出す新型のコルベットZ06は、現代において極めてクラシカルな1台だといえる。

コルベットのチーフ・エンジニアであるタッジ・ユクター氏によると、これまで長きにわたってコルベットを愛してきた顧客の意見をたくさん反映しているのだそうだ。

着脱式のハードトップに加えて、コンバーチブル・バージョンを用意したのもファンからの要望によるもの。どちらのルーフもAT、MT問わず、好みで選ぶことが可能だ。

もはやコルベットのアイコンともいえるプッシュロッドとドライサンプを維持するために、この6.2ℓ LT4スモール-ブロック・ユニットには数え切れないほどの最新テクノロジーが盛り込まれている。

基本構造こそ、標準モデルに載るLT1 V8ユニットのアルミニウム・ブロックやシリンダー・ヘッドが流用されているけれど、鍛造のコネクティング・ロッドやピストンなどZ06のための専用部品も多い。

ピストンは10:1の圧縮比に対応するために設計し直され、ガソリン噴射装置、可変バルブ・タイミング、低負荷時にシリンダーを休止させるシリンダー・ディアクティベーションもZ06専用設計だ。

プッシュロッドも両シリンダー・ヘッドの間に位置するインタークーラー付きスーパーチャージャーに適合させている。したがってスーパーチャージャーのおかげでエンジン高が大幅に高くなることはなく、並外れて低いボンネットラインも維持されている。

先代のコルベットZR1もスーパーチャージャーを搭載していたけれど、こちらのZ06のそれは完全なる新設計。ZR1のスーパーチャージャーの回転数は15000rpmであったのに対し、Z06は20000rpmで回り、エアフローが見直されたうえにユニットそのものも小型になっている。

■どんな感じ?

1600kgの車重に対し、659psもの最高出力を叩き出すゆえに、常軌を逸した加速を体感することができる。1速に入れてガスペダルを踏みつけた瞬間から、体は強くシートに押さえつけられ、この感覚からようやく解き放たれるのは4速なかば、190km/hに達したときだ。

トランスミッションは、すでにお馴染みの7速マニュアルとZ06用の軽いクラッチとフライホイールを組み合わせたものか、完全なる新設計の8速オートマティックから選択が可能。

今となっては、多くのスポーツカーがデュアル-クラッチ・トランスミッションが組み合わされる流れにあるが、こちらはトルク・コンバーター式トランスミッションとなる。

ただしフル-スロットル時の変速スピードは0.08秒とポルシェ911のPDKよりも高速で、市街地の速度で走行する際にギクシャクすることもほとんどない。よって、トルコンATのベンチマークは更に高まったといっていい。

サーキットでも申し分ない変速フィールを与えてくれるけれど、満足度に絞って意見をのべるとすれば、あるいはMTの方が楽しいと感じられるかもしれない。そのうえ、それぞれゲートに曖昧さがなく、ミスシフトも少なかった。

ただ、奇妙なのはMTでもステアリングにシフト・パドルが付いている点。おそらくATのモデルとパーツを共有するためのコスト・ダウンが目的だとは思うのだけれど、これはちょっと……。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×