マツダCX-3を発売

2015.02.27

マツダはコンパクト・クロスオーバーSUV、CX-3を2月27日より発売する。

このCX-3は、SKYACTIV技術とデザインテーマ、魂動(こどう)を全面的に採用したマツダ新世代商品の第5弾となるモデルで、エンジンにはクリーン・ディーゼル、SKYACTIV-D1.5のみが設定されるという思い切った構成。これにオートマティックトランスミッション(SKYACTIV-DRIVE)またはマニュアル・トランスミッション(SKYACTIV-MT)が組み合わされ、すべてのグレードに新世代4WDシステムi-ACTIV AWDが設定される。

SKYACTIV-D1.5は、すでにデミオに搭載されているもので、燃焼特性の造り込みによるエンジン・ノイズの抑制に加え、CAE解析による最適な部位への遮音材の配置など、静粛性の向上に特に注力したエンジン。ディーゼルならではの、トルクフルな特性がセールス・ポイント。また、世界初の、ナチュラル・サウンド・スムーザーの採用によって、発進時やゆっくり加速するときに生じるディーゼル・ノック音を抑制する仕組みも組まれている。

ボディ・サイズは全長4275mm、全幅1765mm、全高1550mm、ホイールベースは2570m。ブート・スペースは350ℓを確保している。

グレードは、XD、XDツーリング、XDツーリングLパッケージの3つで、価格は2,376,000円から3,024,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×