ホンダ・レジェンド・ハイブリッドEX

公開 : 2015.03.16 23:53  更新 : 2017.05.29 19:09

  • 世界初の3モーター・ハイブリッドによるスーパー・ハンドリング・マシン。エレキの力を借りて、思いのままに走る。爽快!

  • 先代比、プロペラシャフトの分は軽量化されている。ただし、電池とその補機類の分、約50㎏重くなっている。

  • 前後重量配分は前1140 ㎏、後ろ840㎏と明らかなフロント・ヘビー。トルク・ベクタリングで、そんなの関係ない!

  • 先進のテクノロジーをデザイン面で表現しきれていないのでは……? BMW iぐらいの「挑戦」が個人的にはほしかった。驚愕の異次元トリプルアクセル感覚のハンドリングがカタチで示せていたら……。

■どんなクルマ?

エンジン・スタートのボタンを押すと無音で目を覚ます。ブレーキ・ペダルを緩めると、無音でスッと前に出る。エレキの力で重さが存在しない。本年2月20日に発売となった、”伝説” という名のホンダの5代目フラッグシップはハイブリッドなのである。それも、世界初、モーターを3つも備えているのだ。

“SPORT HYBRID SH-AWD” と呼ばれるこのシステム、新型NSXと同じですか? とレジェンドの開発責任者の青木仁さんにたずねると、満面の笑みを浮かべ、「私の顔から察してください」とだけいった。今年のデトロイトで発表となったNSX量産型は3モーターの制御によって、”ゼロ・ディレイ” を掲げている。ドライバーの操作に対して遅れがゼロ、ということだ。3モーターの日本エレキテル連合が「ダメよ〜、ダメダメ!」とばかりに、石火の機でもってクルマを加速させる(と想像する)。

レジェンドのフロントに横置きされるエンジンは3.5ℓV6SOHCの直噴で、低負荷時には片バンク3気筒を休止して燃費を稼ぐ。なんとプレミアム・ガソリン指定で、最高出力は314ps/6500rpm、最大トルク37.8kg-m/4700rpmという硬派に仕立てられている。

ギアボックスはホンダ内製の7速DCTで、このなかに48psの電気モーターが組み込まれている。急加速時には前輪のみを駆動するエンジンを助け、減速時には電力を回生する。ときに発電もする。リチウムイオン電池は後部座席の後ろに組み込まれている。トランクル・ルームはその分、ちょっと狭いけれど、ゴルフバッグが3つ入る。

“SPORT HYBRID” を名乗る最大の要点は、左右後輪を独立して駆動する2基の電気モーターとその制御プログラムにある。旋回時に外側の後輪だけを駆動し、内側はモーターによる回生で減速する。プラスとマイナスの駆動力を積極的に使う。いわゆるトルク・ベクタリングによって曲がる力を自在に生み出すのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダの人気画像

×