マツダ CX-3 XDツーリング

公開 : 2015.03.16 23:55  更新 : 2017.05.29 19:13

■どんなクルマ?

CX-3は、スカイアクティブをうたう新世代マツダ商品群の5番目の車種となる。マツダの新世代商品群は、なにより北米市場での量販が見込める(=リスクが最小限の)CX-5をかわきりに、続いてアテンザ、アクセラ、デミオ……と既存の乗用車系を順番に刷新してきた。

CX-3はデミオと基本骨格を共用する。ホイールベース(2570mm)のほか、ダッシュボードの大半もデミオと共通。海外ではガソリン・エンジンの展開も予定されているようだが、国内は1.5ℓディーゼルターボのみ。エンジンが選べないかわりに、全グレードで6MTと6AT、FFと4WDの順列組み合わせがすべて選ぶことができる。

CX-5やアテンザ(のマイナーチェンジ車)に続いて採用された4WDは新世代で、電子制御カップリングを前後輪の回転差だけでなく、車速、操舵角、ヨーレート、スロットル開度、ブレーキ圧のみならず、外気温、路面勾配、エンジン・トルク、操舵スピード、ワイパーなどの状況から予測プログラムまで含めて制御するという。今回はドライの市街地と都市高速のみの試乗となったので、正直いってその効能を実感することはできなかったが、雪上試乗を行ったメディアなどの報告によれば「カップリング4WDの常識を覆すフルタイム4WDなみのデキ。コツさえつかめばオーバーステア状態に持ち込むことも可能」と評価されている。

1550mmという立駐対応の全高や、ロングノーズ&スモールキャビンのプロポーションから想像されるように、リア・シートや荷室は実用上はミニマムといってよい。ただ、高席の着座位置を、フロント・シートより高く、そして内側に寄せることで、見晴らしや前席との会話のしやすさなどの工夫はみられる。

いずれにしても、身長175cm級の大人も座れないわけではないが、姿勢をくずすことはできない。窓が小さいので閉所感も強い。この方面の使い勝手を国産競合車と比較すると、ジュークのちょっと上、ヴェゼルよりはかなり下……といったところか。

 
最新試乗記