スバル・エクシーガ・クロスオーバー7 2.5i アイサイト

公開 : 2015.06.05 23:40  更新 : 2017.05.29 18:41

■どんなクルマ?

スバルから登場したニューモデル、「エクシーガ・クロスオーバー7」は、そのネーミングが物語るように、これまでのエクシーガをベースとした、7人乗りのクロスオーバーモデル。スバルはそれを、そもそものエクシーガはミニバンであり、このクロスオーバー7では、さらにSUVとしてのキャラクターを強めたモデルであると説明する。ちなみにベースのエクシーガが誕生したのは、今からすでに7年も前のこと。常識的には次世代モデルが登場してもおかしくはないタイミングだが、いわゆるビッグ・マイナーチェンジによってキャラクターを変更し、同時にモデルレンジの延命を図るという戦略は、意外に興味深く思える。

2.5i アイサイトのみの、モノグレード展開となるクロスオーバー7。そのSUVとしてのキャラクターは、エクステリアからも十分にそれを感じることができる。ボディーサイズは全長×全幅×全高で、4780×1800×1670mm。170mmの最低地上高を確保し、本格的なオフロード走行というわけにはいかないが、それでもアクティブなライフスタイルを演出するには十分な機動力が備わることになった。ダイナミックなデザインのフロントグリルや、新デザインとなった前後バンパー、17インチ径のアルミ・ホイール、そしてルーフ・レールの標準装備等々、その機動力の高さを想像させるアイテムも、数多く採用されている。

さらに驚かされるのは、インテリアのフィニッシュだ。ダッシュボードなどの基本デザインはエクシーガのそれに共通するものの、タンとブラックによる2トーンカラーによるキャビンは、実に若々しく、そして斬新な印象を与えてくれる。シートはファブリックと合成皮革によるものが標準だが、オプションではスウェードと本革の組み合わせも選択可能。こちらを選べば、満足感はさらに高まる。

シート・レイアウトは、前から2-3-2の7シーター。2列目、3列目ともに分割リクライニング機能が備わっている。3列目シートはフルフラット収納も可能。必要ならば、さらに2列目を収納することで、そのスペースは大きく拡大することができる。SUVとしての実用性は、十分に考えられているといえそうだ。

 
最新試乗記