メルセデス・ベンツC450 AMG 4マティックが公開

2015.07.21

メルセデス・ベンツは本日、C450 AMG 4マティックを発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて注文受付を開始した。

発売は今年9月の予定。

AMGスポーツ・モデルはメルセデス AMGが専用開発した高出力V6エンジンと、それに見合った4WDシステムであるAMG 4マティックを備えたモデルである。

基準車を上回る走行性能を実現するAMGテクノロジー、モータスポーツを思い起こさせる専用サウンド、スポーティーなキャラクターを強調するデザインの3つが特徴である。

心臓部にはメルセデス AMGがスポーツ・モデル専用に開発した高出力のV6エンジンを搭載。最大圧力200barのピエゾ・インジェクターとスプレー・ガイド式燃焼システムによって、常に理想的な燃焼状況を作り出す。

さらに、クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とし、軽量化も実現。シリンダー・ウォールには摩擦低減と高強度を実現するナノスライド加工を施した。これらメルセデス AMGの最新テクノロジーによって、 最高出力は367PS、最大トルクは53.0kg-mを発揮し、0-100km/h加速4.9秒(ステーション・ワゴンは5.0秒)というパフォーマンスを実現した。

4マティック・システムの駆動力配分は33:67とリア寄りのトルク配分が設定され、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンド リングを提供するという。

サスペンションはC63のそれに近く、AMGダイナミック・セレクト・スイッチまたは専用ボタンによりコンフォート、スポーツ、スポーツ・プラスの3つのモードから電子制御ダンピング・システムの減衰特性を選択することができる。

ブレーキ・システムはフロントに360mmのドリルド・ベンチレーテッド・ディスク、リアに320mmのベンチレーテッド・ディスクを採用。強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮するという。

排気系に関してはAMGエグゾーストシステムが特徴的。軽量かつ低背圧タイプのAMGスポーツ・エグゾースト・システムを装備しており、モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを発生する。特にS+モードでは聴き心地のいいV6サウンドを楽しむことができるそうだ。

エクステリア・デザインは、シングル・ルーバー付ダイヤモンド・グリル、AMGトランクリッド・スポイラー・リップやブラック・デュアル・ツイン・エグゾースト・エンド、ハイグロスブラック19インチAMGツイン・スポーク・アルミ・ホイールなどを採用し、メルセデス AMGの優れたパフォーマンスを表現する。

また、アクセントとして、フロント・スポイラーやフロント・グリルのルーバー、リア・ディフューザーなどにハイグロスブラックを採用している。エンジン・カバーにはレッドのVラインをあしらい、新型V6エンジンの力強さを象徴している。

左ハンドルのみの設定となり、C450 AMG 4マティックは8,630,000円。C450 AMG 4マティック・ステーション・ワゴンは9,430,000円。


▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツCクラス・クーペ
▶ 海外初試乗 / メルセデス AMG C63 S
▶ 海外初試乗 / メルセデス AMG C63
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツC350e
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツC250ブルーテック AMGライン
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツC250
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツC220ブルーテック・スポーツ
▶ 国内初試乗 / メルセデス・ベンツC180アバンギャルド
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツC180ブルーテック

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事