メルセデス・ベンツGLC 350e 4マティック

公開 : 2015.07.23 23:40  更新 : 2017.05.13 12:50

そのあとは十分に力強いのだが、全体としてのったりしている。シフト・チェンジだって、9速を味わったあとだと機敏とはいえない。

ブレーキ・フィールも(プラグイン・ハイブリッドの常ではあるが)回生が絡んでくるため最高とは言いがたい。あるところから急にドンと効く印象である。

少なくとも運転好きなドライバーにとっては、他のメーカーのモデルの方が満足できるはずだ。これはこれでメルセデスらしいといえば、そこまでなのだが。

それよりも、実用性が高く、乗り心地がいい、といった部分の方がGLC350eを語るううえで優位な点である。

また運転席に座るかぎり、プラグイン・ハイブリッドであることに気づくようなノイズが一切ないのもいい。内燃機関をもつクルマに瞬発力の面で引けをとらず、市街地を快適に走行できるのも嬉しい。

またナビ画面では、アクセル・ペダルの最適な踏力を教えてくれる。できるかぎり最良の燃費を維持したい向きにはとっておきの機能である。

メルセデスいわく電力のみで34km走行できるとのこと。荷室フロア下におさまる8.7kWhのバッテリーによるものである。数値的には他ライバルに劣るのだが、他よりも正確なデータであることは確かだ。

バッテリーは荷室をわずかに狭めるものの、たっぷりとした荷室容量であるため、心配は不要である。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事