ルノー・グランド・セニック 1.5 dCi 110

公開 : 2012.02.18 16:25  更新 : 2017.05.29 19:23

■どんなクルマ?

ルノーの2012年モデルの中で、1.5リッターのdCi110エンジンを搭載し、ストップ・スタート・システムを備えたグランド・セニックは乗用車の中で最も質素なモデルの1台である。ルノーは、この1.5トン7人乗りのモデルが29.8km/lという燃費をマークすると主張している。果たして、7シーターの量産車マーケットにおいて、ルノーはこの市場を独占しようとしているのだろうか。

■どんな感じ?

スペックシートはさておき、都市部と高速道路をミックスさせたわれわれのテストでも、21.3km/lの燃費を記録した。グランド・セニックは、低回転域では多少のもたつきが感じられたが、それ以外は十分なパフォーマンスを見せてくれた。しかも経済性は賞賛に値するものを持っている。エンジンは静かで、落ち着いた乗り心地を提供してくれる。

もちろん、ドライバーにとって魅力的なクルマではないかもしれない。スポンジーなステアリングや、安定してはいるが鈍感なハンドリングなどがその一因だ。しかし、クルマとしての価値は高い。

衛星ナビ、ブルートゥース、クルーズコントロールやリアのパーキングセンサーなどは標準装備だ。また、2012年モデルでリフレッシュされたキャビンも綺麗だ。

標準サイズの大人が7人乗るのであれば、もっと大きなMPVを選ぶ必要があるだろう。グランド・セニックは7人の大人のためのスペースは持っていない。2列目のシートの頭上スペースは十分ではないし、3列目のシートは子供のためのものである。しかし、シートはスライドするし、倒して荷物を積み込むことも容易だ。荷室スペースはとても広く、キャビンスペースは十分に確保されている。

■「買い」か?

精密で質素なスーパー実用車を探している家族のためには、このグランド・セニックは、他のどんなモデルよりも魅力的に映る。もっと早く、レスポンスが良く、高級志向な望ましいクルマは他にある。しかし、目的にあった高い経済性のクルマを選ぶ少数派には最適な1台だ。

(マット・ソーンダース)

ルノー・グランド・セニック 1.5 dCi 110 ストップ・アンド・スタート

価格 21,625ポンド(260万円)
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 13.5秒
燃費 29.8km/l
Co2排出量 105g/km
乾燥重量 1516kg
エンジン 直4 1461cc ターボ・ディーゼル
最高出力 108bhp/4000rpm
最大トルク 26.2kg-m/1750rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ルノーの人気画像

×