フォルクスワーゲンe-ゴルフの航続距離が300kmに

公開 : 2016.06.01 20:10  更新 : 2017.06.01 01:31

今年の後半にフェイスリフトが予定されているフォルクスワーゲンe-ゴルフの目玉は、エレクトリック・ドライブトレインのアップグレードにあるという。

航続距離は現行のe-ゴルフよりも110kmも長くなり300kmになる。また、実用での数値もエレクトリカル・デベロップメントの責任者であるフォルクマール・タンネベルガーによれば、200km程度となるという。

このアップグレードのキーは、既存の24Ahに代えて36Ahのリチウム・イオン・バッテリーが搭載されることだ。これによってバッテリーの容量は、現行の24.2kWhから48%アップの35.8kWhになる。

また、これに合わせてモーターも、21ps大きい136psとなっている。乾燥重量は20kgほど増大するが、0-100km/h加速は0.1秒速い9.3秒となる。またトップ・スピードも140km/hから150km/hに向上するという。

このフェイスリフトされたe-ゴルフは、今年10月のゴルフ・シリーズのフェイスリフトと同時公開となる予定だ。

関連テーマ

人気テーマ