ロータス・エキシージ・スポーツ350およびロードスターを発売

2016.08.01

エルシーアイは、ロータス・エキシージ・スポーツ350、および同ロードスターの2車種を発売した。

ロータス・エキシージ・スポーツ350は、エリーゼ・スポーツや、エリーゼ・スポーツ220とともに、「スポーツ」の名称を再び冠して発売されたモデル。従来型のエキシージSよりも51kgの軽量化に成功したのが特徴だ。

ウェイトを下げるために、ルーバーを装着したテールゲートパネルの導⼊、軽量化したバッテリー、軽量エンジン・マウント、シフトノブを露出したセンターコンソール、HVAC パイプの軽量化、そして防⾳材の最適化を進めた。これによりクーペ仕様の重量は1125kg。また、ロードスターはクーペからさらに10kgをそぎ落とし⾞両重量1115kgを達成。

3500ccのV6スーパーチャージド・エンジンはこれまで通り最高出力350psで最大トルクは40.8kg-m。改良されたサスペンションのチューニングとホイールのジオメトリーがダイナミクス性能と正確なステアリングを実現。0-100km/h加速タイムは3.9秒で、トップスピードは時速274km/hを誇る。

今回の変更で、マニュアルのギアボックスには⼤きく⼿を加え、より正確で素早いシフトチェンジが可能となった。これをトランスミッション・トンネルに収めずゲート基部を魅せるデザインとなったのも大きな特徴。

また、完全オートマチック・モードでも運転できる6速ATも⽤意され、シフトアップは240ミリ秒、シフトダウンもオートマチックのスロットル・ブリップで素早く実⾏できる(スポーツモード時)。また、オートマチックを選択すると、マニュアル⾞で3.9秒を要する0-100km/h加速が、コンピューターによるギアチェンジの最適化によって3.8秒に短縮される。

サスペンションは硬めのダンパーと改良されたジオメトリーにより反応性が⾼く、低めの重⼼や4ピストンのブレーキ・キャリパーの効果も加わって、ロータスのテストコースでエキシージSよりも2.5 秒速い1分29秒8のラップをたたき出したという。これは、ロータス史上初めてヘセルのテストコースで1分30秒を下回った記録だ。

ロータスのエレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)には、「ドライブ」、「スポーツ」、「レース」、「オフ」の4つのモードを用意。「スポーツ」および、「レース」モードは、トラクション・スリップの閾値がより⾼く、制御が⼊るまでのドリフト⾓がより広くなる。また、エグゾーストバイパス・バルブを中速から⾼速のエンジンスピードで開くという。「スポーツ」「レース」および「オフ」モードでは、スロットルの反応性も⾼められる。さらに、ESPシステム(「スポーツ」および「レース」モード)には新たに⼤型スイッチが導⼊され、ヘッドライトやリアのフォグランプのボタンが新設された。

オプションには、軽量鍛造アルミホイール(⾞両重量をさらに5kgダウン)、オーディオ、カーペットや防⾳システムなどの⽤意があり、シートとドア・トリムは、アルカンターラ、レザー、タータンから選べる。全てを最軽量のオプションで組み合わせた場合、エキシージ・スポーツ350の重量は、1115kgとなる。

ほかにも新しいトリムパックのタータン・インテリアは、レッドまたはイエローの軽量スポーツシートやドアパネルで、キャビンに伝統的なテイストを与える。

価格は、エキシージ・スポーツ350、同ロードスターともにMTモデルが9,720,000円。ATモデルが10,227,600円。


▶海外初試乗 / ロータス・エキシージ・スポーツ350
▶国内ニュース / エルシーアイ、ロータスの全モデルを価格改定
▶国内初試乗 / ロータス・エヴォーラ400

関連テーマ

 
最新国内ニュース