レエコ、中国に年間200,000台生産可能な工場を建設

公開 : 2016.08.12 04:20  更新 : 2017.06.01 01:27

動画配信サイトLeTVのファウンダーである贾 跃亭が資金を供給する中国の電気自動車会社であるレエコ(LeEco)が、$30億(3,062億円)をかけて中国に工場を設立する青写真を公開した。

チャイナ・デイリー新聞によれば、まだ政府の正式な許可は下りていないようだが、馬生は中国の南方の浙江省にある人口260万人の都市である湖州に建設予定だという。ここでレ・エコは、今年4月の北京モーターショーで公開したコンセプト・モデル、レシー(LeSee)のプロダクション・モデルを生産する予定だという。そして、この新しい工場は、最大年間200,000台の生産が可能か規模である。

レシーの生産に関してレ・エコは、北京汽車や広州汽車を含みいくつかの既存のメーカーと交渉していたようだが、最終的に自社で生産設備を持つことに決めたようである。

レエコは、ラピードEの生産を行うことで、アストン マーティンと合意をしているメーカーだ。



▶ 海外ニュース / レエコ・レシーはテスラ・モデルSのライバル
▶ 海外ニュース / アストン マーティン・ラピードEを公開

 

人気記事