Chantilly Arts & Elegance Richard Mille

2016.09.04

text:Kazuhide Ueno (上野和秀) photo:PETER AUTO、Stephanie Bezard、Mathieu-Bonnevie

 
これまでの僅か2回の開催で、世界的に確固たる地位を築いたシャンティイ・アート&エレガンス・リシャール・ミル。その3回目が、今年もパリ近郊にあるシャンティイ城を舞台に盛大に行われた。朝方に小雨が降る生憎の天気にも関わらず13,500名の来場者を数えた。

このコンクールは、ツアー・オートやル・マン・クラシックなどのヒストリックカー・レースを得意とするピーター・オートが主催するもので、いわゆるコンクールのみならずラリーやファッション・ショー、アート・ギャラリーなど、往年のフランスを発祥とするコンクール・デレガンスの精神と雰囲気を現代に伝えている点が特徴といえる。またプログラムのひとつとしてボナムスのオークションも開かれた。オークションの結果はこちら

イベントのメインとなるコンクールは21のクラスに分けられ、約100台の貴重なクルマが世界中から集まった。主なクラスと受賞車を記す。

トリビュート・ジャン・トッド
 1979年型プジョー504グループ4
戦前の英国車
 1922年型サンビーム3ℓストレート・エイト・グランプリ
戦後のオープン英国車
 1953年型サンビーム・アルパイン Mk-1
戦後のクローズド英国車
 1955年型フレイザー・ナッシュ・ル・マン・クーペ
50thアニヴァーサリ・—ランボルギーニ・ミウラ
 1967年型ランボルギーニ・ミウラP400
ツールド・フランス・カー(1951-1964)
 1957年型フェラーリ250GT ベルリネッタ・コンペティツィオーネ TdF
ツールド・フランス・カー(1969-1986)
 1982年型フェラーリ308GTB Gr.4ミケロット
トリビュート・ポッジ・レーシングカー
 1972年型フェラーリ365GTB/4 コンペィツィオーネ S-II
フロント・エンジンF1
 1946年型ゴルディーニ・タイプ11
戦前の黎明期エアロディナミック・オープンモデル
 1933年型ランチア・アストゥーラ 3e ピニンファリーナ・カブリオレ・ボッカ
戦前の黎明期エアロディナミック・クローズドモデル
 1938年型アルファ・ロメオ8C2900Bルンゴ・ベルリネッタ
ストリーム・カー
 1903年型ホワイト・リヤエントリー・トノー
戦前のフランス・コーチビルダー・マスターピース
 1935年型ブガッティ・タイプ57 アトランテ
戦後のフランス・コーチビルダー・マスターピース
 1964年型ファセル・ヴェガ HKII
グレート・イタリアン・コーチビルダー/戦前のザガート
 1932年型アルファ・ロメオ8C2300 スパイダー
グレート・イタリアン・コーチビルダー/戦後のザガート
 1961年型アストン・マーティンDB4 GTZ
グレート・イタリアン・コーチビルダー/アルファ・ロメオ
 1965年型アルファ・ロメオ 1600TZ

これらのクラス別のプライズのほか、今年のベスト・オブ・ショーには、アメリカのコレクターであるジョン・シャーリーが所有する1938年型アルファ・ロメオ8C2900Bルンゴ・ベルリネッタが選ばれた。

シャンティイでは旧いクルマだけのイベントではなく、現代のコンセプトカーやニューモデルを披露する場所としても認識されている。クルマだけではくファッション・ブランドともコラボレーションを行い、デモランの際はモデルがクルマと共に登場した。

今年はアストン・マーティン、BMW、ブガッティ、DSオートモービル、レクサス、マクラーレン、メルセデス・ベンツとロールス・ロイスと二輪車のMVアグスタの9メーカーが協賛してその先進性を披露し、会場内でデモランを行った。またコンセプトカーのベスト・オブ・ショーはDSオートモービルのE-TENSEに与えられた。

主催者であるパトリック・ピーターは、次のように語った。
「私達は、2回開催して得たすべての経験を、3回目となる今年のコンクールに注いだ。私達のコンクールは世界のコンクール・デレガンス中での最も美しいイベントのひとつと認められた。これはメーカーにとっても重要なファクターである。私達は、次の数年の20000〜25000の観客数に達するために、ル・マン・クラシックでのノウハウを取り入れてゆく。私は、シャンティイ・アート&エレガンス・リシャール・ミルの未来に自信があると感じている」

1920年代にフランスで始まったコンクール・デレガンスの伝統とスピリッツを復活させたシャンティイ・アート&エレガンス・リシャール・ミルは、世界のメジャー・コンクール・デレガンスの一角を確保したと言っても過言ではあるまい。

  • フランス発祥である佳き時代のコンクール・デレガンスの伝統とスピリッツを継承した内容が特徴だ。

  • ジャン・トッドの活動50周年を祝い、彼が関わったマシンによるクラスにはラリーカーからF1までが参加。

  • コンクールだけではなく食事にも拘るのがフランス流。グリーンの上で参加車を見ながら食事を楽しんだ。

  • ジャン・トッドがプジョー・スポール時代にプロデュースした歴代のラリーカーが数多く集まった。

  • コンクールの参加車は、ギャラリーにその姿と走りを披露するのがシャンティイのやり方だ。

  • 会場内に設けられた大型の特設テントでは、1プログラムとしてボナムス・オークションが開かれた。

  • トリビュート・ジャン・トッド・クラス優勝/1979年型プジョー504グループ4ラリーカー。

  • フロント・エンジンF1クラス優勝/1946年型ゴルディーニ・タイプ11

  • 黎明期エアロディナミック・オープンモデル・クラス優勝/1935年型アルファ・ロメオ6C2300アエロスパイダー

  • ツールド・フランス・カー(1951-1964)クラス優勝/1957年型フェラーリ250GT TdF

  • ツールド・フランス・カー(1969-1986)クラス優勝/1982年型フェラーリ308GTB Gr.4ミケロット

  • トリビュート・ポッジ・レーシングカー・クラス優勝/1972年型フェラーリ365GTB/4 コンペィツィオーネ S-II

  • ブガッティGPカー・クラスFIVA賞/1928年型ブガッティ・タイプ35

  • 戦後のフランス・コーチビルダー・マスターピース・クラス優勝/1964年型ファセル・ヴェガ HKII

  • 50thアニヴァーサリ・ランボルギーニ・ミウラ・クラス優勝/1967年型ランボルギーニ・ミウラP400

  • ベスト・オブ・ショー/1938年型アルファ・ロメオ8C2900Bルンゴ・ベルリネッタ

  • グレート・イタリアン・コーチビルダー戦後ザガート・クラス優勝/1961年型アストン・マーティンDB4 GTZ

  • グレート・イタリアン・コーチビルダー・アルファ・ロメオ・クラス優勝/1965年型アルファ・ロメオ 1600TZ

  • イベントは静的ものだけではなく、参加したオーナーズクラブのメンバーによるラリーも行われた。

  • ラリーはシャンティイ城を巡るツアー・オートを思わせるフランス的なルートが用意された。

  • ラリーの参加車はヴィンテージカーやヒストリックカーだけではなく、現代のスーパーカーも参加できた。

  • アストン・マーティンはヴァンキッシュ・ザガート・クーペを持ち込んだ。

  • 往年の328を思わせるのはBMWミッレ・ミリア・クーペ・コンセプト。

  • 鮮やかなブガッティ・ブルーを纏うのはブガッティ・シロン。

  • DSオートモービルはE-TENSEでベスト・オブ・ショーを獲得した。

  • マクラーレンは最新の570GTの特別仕様車を披露した。

  • メルセデスは存在感のあるヴィジョン・マイバッハ6で参加。

  • ロールス・ロイスはレイス・ブラック・バッジを持ち込んだ。

  • レクサスもシャンティイに参加し、LC500で注目を集めていた。

  • 参加車は前庭の池を巡るコースで走る姿を披露した。