フォード・フィエスタ1.0Tエコブースト・タイタニウム

■どんなクルマ?

フィエスタに大幅なリフレッシュが行われた。その中でも最も大きなニュースは、99bhpまたは123bhpを発揮するエコブースト・モデルの導入だ。この3気筒1.0リッター直噴ターボ・エンジンは、フォードの様々なモデルに搭載されている。しかし、フィエスタがその中でも最も軽量なモデルである。

ちなみに、180bhpを発揮するフィエスタSTは来年春に追加される予定だ。

■どんな感じ?

このエコブースト・エンジンの特徴は、そのパワーよりも、グラフにすると台形となるトルク・デリバリーにある。そのトルクは、1400rpmから4500rpmまでの間、17.4kg-m/を発揮する。また、最高30秒の間、3.0kg-mがプラスされるオーバーブースト・ボタンも備える。

よちよちと歩くようなスピードから柔軟なフレキシビリティを持つ。組み合わせれるギアボックスは5速だが、それ以上のギアの必要性は感じられない。アイドリング・ストップと回生ブレーキ・エネルギー・システムを持ち、その燃費は23.3km/l、そしてCO2排出量は99g/kmと100g/kmを切る。

フォードは、エコブーストとフィエスタのシャシーの組み合わせは、互いに長所を引き出すという意味で、ジョン・レノンとポール・マッカートニー以来最高の組み合わせだと例えている。

スプリングとダンパーはこの3気筒エンジンに合うようにリセッティングされている。ステアリングもフリクションが低減された上に、電気的なアシストが入っているが、そのレスポンスは非常に良い。クルマとドライバーの間に、テレパシーがあるようなコミュニケーションがとれるといった感じだろうか。

このエコブースト・エンジンは、ゼテックSトリムにも用意されるが、ベーシックなタイタニウムXトリムであれば、15,395ポンド(203万円)からという価格設定となる。

ちなみに新しいフィエスタは、よりスリムなヘッドランプと、アストン風の5本のバーの入ったグリルがエクステリアでの特徴だ。また、フロントとリア・エンドも変更されている。

インテリアでは、スイッチ・ギアのレイアウトがスマートになり、再配置されている。また、安全装備も加えられた。シンクは、クルマが衝突すると自動的にエマージェンシー・サービスにダイヤルするもの。また、アクティブ・シティ・ストップは、16km/h以下で自動でブレーキをかけ衝突回避するほか、32km/h以下でもその影響を最小限にすることができるというものだ。

■「買い」か?

フィエスタは、いわばビクトリア・スポンジケーキのバター・クリームのように平凡だが素晴らしい出来のクルマである。エコブーストは、ディーゼル・モデル同様に賞賛されるべき、最高のガソリン・エンジン・モデルであろう。

(ロジャー・スタンスフィールド)

フォード・フィエスタ1.0Tエコブースト・タイタニウム

価格 15,445ポンド(203万円)
最高速度 196km/h
0-100km/h加速 9.4秒
燃費 23.3km/l
CO2排出量 99g/km
乾燥重量 1101kg
エンジン 直列3気筒999ccターボ
最高出力 123bhp/6000rpm
最大トルク 17.4kg-m/1400rpm-4500rpm
ギアボックス 5速マニュアル
 
最新試乗記

人気記事