フォルクスワーゲン・アトラスを公開

公開 : 2016.10.28 04:30  更新 : 2017.06.01 00:34

フォルクスワーゲンは北米市場専用のSUVモデル、アトラスを公開した。

3年前に発表したクロスブルー・コンセプトをベースとした大型のSUVで、マッシブなホイールアーチ、明確なテールランプなどを持ち、全体的にスクエアなデザインが特徴だ。そのスタイルは、既存のフォルクスワーゲンとはかなり異なるもので、強く北米市場のみを意識したものとなっている。

パワーユニットとしては2つのガソリン・エンジンが搭載される。2.0TSIは240psの2.0ℓ4気筒ターボ、VR6は284psの3.6ℓV6となる。共に8速オートマティックが組み合わされ、VR6は4WD、2.0TSIはFWDとなる。路面の状況や牽引能力を変化させるためのいくつかのドライブ・モードが用意されるという。

ベースとなるプラットフォームは、MQBアーキテクチャーだが、そのサイズは他の兄弟モデルよりも大きい。全長は4922mmと、スコダ・コディアックよりも225mm、そしてフォウクスワーゲン・グループで最大のトゥアレグよりも121mmほど長い。全幅は1979mm、全高は1767mmで、トゥアレグと較べて38mm広く、35mm長い。つまり、フォルクスワーゲンのラインナップの中で最大のモデルということだ。

キャビンは、通常のフォルクスワーゲンに使われるスイッチギアとダイヤルを持つ。また、センター・コンソールにはタッチスクリーン式のインフォテインメント・システムが装備される他、オプションでリア・シートの前にもデジタル・スクリーンを装着することも可能だ。オーディオは12スピーカー480Wのフェンダー・プレミアム・オーディオ・システムがオプションで用意されるが、これはフォルクスワーゲンの中で最も先進的なサウンド・システムとされる。また、インフォテインメント・システムは、Apple Car PlayとAndroid Autoと連携が可能だ。

ドライバー・サポート・システムとしては、アダプテック・クルーズ、コリジョン・ワーニング、自動非常ブレーキ、ブランド・スポット・モニター、リア・トラフィック・アラート、レーン・デパーチャー・ワーニング、パーク・アシストなどが装備される。フォルクスワーゲンでは、このアトラスがクラスで唯一オートマティック・ポスト・コリジョン・ブレーキング・システムを備えるモデルであるとしている。

シート・キャパシティもフォルクスワーゲン・グループの中で最大で、シートは3列7人乗り。大人7人とその荷物を積み込むことができるとしている。フォルクスワーゲンは、シートへのアクセスにも注意を払ったという。そのため、ユニークなフォールディング・メカニズムを採用している。

アトラスは現時点では北米専用モデルの予定だが、将来的には中国市場にももたらせるかもしれない。生産は、来年からで、アメリカ・テネシーはチャタヌーガ工場が担当する。



▶ 海外ニュース / VWクロスブルー・コンセプト、生産化モデルのネーミングが明らかに

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事