マクラーレン540C

公開 : 2016.11.11 05:40  更新 : 2017.05.29 19:10

ブレーキを解除し発進する際には、完璧なまでに精確なクラッチ・ミートに、また進歩を感じるだろう。7速ギアボックスは的確にギヤを選択し、スムーズに自動変速をおこなう。とはいえ、パドル・シフトの操作はとびきり楽しく、500km近い試乗のほとんどを手動変速で過ごしてしまったのだが。

一般的なスタビライザーをもつサスペンションはフラットな乗り心地を実現し、ダンピングも素晴らしい。このクルマが路面の凹凸をいなすさまは、後から眺めていても惚れ惚れするほどだ。

さすがに大きなバンプとなるとその限りではなく、カーボン構造体ならではのガラガラ音も時折耳についたが、それはやむをえまい。

■「買い」か?

われわれはすでに、570Sをその価格帯で最高の選択肢だと評価している。そして、その570Sで指摘しなかった欠点は、540Cにも見つけられなかった。

たしかに、ブレーキは鋳鉄ディスクだが、より高価なカーボン複合材のそれとの差を、公道上で感じることはむずかしいはずだ。

室内の装飾も多少は簡素だが、質感を損なうようなことはなく、むしろシンプルさが好ましい。どちらを選ぶか決める要素は、価格差以外にないだろう。

■日本版編集部の見立て

主に中国市場を意識して登場した540Cだが、マクラーレンのエントリー・モデルとしても、その仕上がりに何ら不満点は見いだせない。確かに文中にあるようにマクラーレンをチョイスする層にとっては、570Cと540Cとの価格差は微々たるものにしか感じられないだろう。しかし、普通のワインディング・ロード飛ばすには、540Cとてありあまる性能を持っていることも事実だ。


マクラーレン540C

価格 £126,000(1,659万円)
全長×全幅×全高 4530x2095x1202mm
最高速度 320km/h
0-100km/h加速 3.5秒
燃費 9.3km/ℓ
CO2排出量 249g/km
乾燥重量 1311kg
エンジン V型8気筒3799ccターボ・ガソリン
最高出力 540ps/7500rpm
最大トルク 55.0kg-m/3500rpm
ギアボックス 7速オートマティック


▶ 徹底解説 / マクラーレン570Sクーペ/540Cクーペ
▶ 海外初試乗 / マクラーレン570S
▶ 海外初試乗 / マクラーレン570GT
▶ カーレビュー / ンダNSX vs BMW i8 vs マクラーレン570S

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×