マクラーレン540C

公開 : 2016.11.11 05:40  更新 : 2017.05.29 19:10

サスペンション形式は、650Sなどとも同じく前後ダブル・ウィッシュボーン。ただし、相互接続ダンパーを用いたPCCは省かれ、アダプティブダンパーとスプリング、スタビライザーからなるよりコンベンショナルなスタイルを採る。

ブレーキは鋳鉄ディスクで、カーボン・ディスクもオプション設定されるが、そちらはノイズと冷間時の扱いにくさを覚悟する必要がある。

540C570Sとの価格差は£40,000(368万)と小さくない。しかし、カーボン・ブレーキ(124.3万円)を標準装備し、0-100km/h加速タイムで0.3秒(3.2秒と3.5秒)、最高速度で8km/h(328km/hと320km/h)勝る570Sのアピールは強い。

マクラーレン・ディーラーの顧客ならば、200万円台のクルマの購入者にとっての40万円差と同じくらい、たいした意味を持たないだろう。

■どんな感じ?

公道試乗では、540Cの動力性能を全開にする必要はない。むしろ、そうすることは不可能だというべきか。そこで今回は、オーナーになって日常遣いをする想定で試乗した。慎重さを忘れずに、飛ばせるところは飛ばし、お気に入りのコーナーや田舎道でこのクルマの実力を探った。結論から述べよう。

570Sから30psのマイナスを実感することはない。0-200km/h加速10.5秒の動力性能は、分別ある大人を満足させるに十分だ。ましてや、320km/h以上のスピードを求めることがあるだろうか?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マクラーレンの人気画像

×