マクラーレン570Sと540Cを日本初披露

2015.06.04

マクラーレンは、スポーツ・シリーズに属するマクラーレン570Sと540Cを本日、日本で初公開した。

新たに登場したマクラーレン・スポーツ・シリーズはマクラーレンがこれまでレースの分野で培ってきたテクノロジーを搭載するのが特徴。

また、スーパーカーを操っている時の高揚感を、スポーツカー・セグメントでも味わえる初のモデルであるとマクラーレンは説明している。

高いパフォーマンスに加え、カーボンファイバー・シャシーなどを採用した軽量構造、マクラーレンらしいデザイン、充実した装備も570Sと540Cの特徴だ。

発表会場にはアジア・リージョナル・ディレクターのデビッド・マッキンタイヤーとチーフ・デザイナーのロバート・メルヴィルが登壇。

マッキンタイヤーは「スポーツ・シリーズはドイツのスポーツカーに乗っているカスタマーがターゲットです。東京、大阪、名古屋、福岡をはじめとするマーケットはマクラーレンにとって、とても重要です」と述べた。

また、目標台数に関しては「これまでの2倍を目標とし、日本ではトータルの8%の販売台数を目指している。さらに市場を開拓すると同時に、工場と交渉してトータルの生産ボリュームも増やしていきたい」と語った。

メルヴィルは「スケッチの段階から生産に至るまで携わることができて、とても嬉しい。少年時代からの夢が叶ったような気分です」とコメント。同時に、650Sよりもひとつうえのセグメントに位置するモデルを超えたパフォーマンスを兼ね備えていることを強調していた。

なお、会場にはスペシャル・ゲストとして、マクラーレンの創設者ブルース・マクラーレンの娘であり、現ブランド・アンバサダーのアマンダ・マクラーレンも登場。ブルース・マクラーレンが事故で亡くなったあと、いかにしてマクラーレンが発展してきたかを語ってくれた。

570Sの最高出力は570ps、最大トルクは61.2kg-m、0-100km/hタイムは3.2秒。540Cの最高出力は540ps、最大トルクは55.1kg-m、0-100km/hタイムは3.5秒というのがマクラーレンの掲げる公表値。

日本における予定価格は、540Cが21,880,000円。570Sが25,560,000円。


▶ 徹底解説 / マクラーレン570Sクーペ/540Cクーペ

 
最新国内ニュース