マクラーレン540C

公開 : 2016.11.11 05:40  更新 : 2017.05.29 19:10

マクラーレンのエントリー・モデルとなる540C。走らせてみれば、素晴らしい出来栄えだった上位機種の570Cに負けず劣らず完璧で、ワクワクさせてくれるクルマだ。

■どんなクルマ?

540Cはマクラーレンのエントリー・モデルだが、この価格帯では、ほかにないほど控えめで、万能性を備えたスーパーカーだ。

発表は2015年4月。NYショーで公開された兄貴分の570Sに3週間ほど遅れ、上海ショーで登場した。16年3月には、新たに荷室や高級感ある内装などを与えた570GTが追加されている。

スポーツ・シリーズと称されるこれらの技術要素はほぼ共通で、車体は超軽量な一体成形カーボン・モノコックをベースとする。リア・ミドに搭載される3.8ℓV8ツイン・ターボ・ユニットや、7速パドル・シフトDCTも同様で、ボディサイズや車重も極めて近い。

おおきな違いは30ps/6.2kg-mの出力差で、フロントスポイラーの形状差などは、よほど鋭い観察眼がなければ見過ごしてしまうだろう。

関連テーマ

 
最新試乗記

人気記事