BMW 8シリーズが復活。デビューは2018年か

公開 : 2016.11.17 04:10  更新 : 2017.12.14 12:31

BMWのフラッグシップ・サルーンといえば7シリーズだが、クーペ/コンバーチブル・タイプが2018年にデビューする可能性が高い。

ライバルはメルセデス・ベンツSクラス・クーペやベントレー・コンチネンタルGTにあたる。もちろん価格も近接したものとなるだろう。

半自動運転システムを含むテクニカルな部分は7シリーズとシェアするところも多いはずだ。

車体の多くをカモフラージュされているのが現状だが、ボディの大きさゆえ、前後左右にゆったりとした余裕があることがわかる。

また、今のところ大径に近いマフラーが確認できるものの、こちらはデビュー時に変更されている可能性も大いにあるだろう。キドニー・グリルはやはり大きい。

通例、エンジンは7シリーズと共通となるだろうから、‘iPerformance’ のバッジを付けたプラグイン・ハイブリッドもラインナップされるはずだ。

エントリー・グレードには3.0ℓ直列6気筒ディーゼルが搭載される可能性も大いにあり、パフォーマンス重視のモデルは4.4ℓV8を載せることになろう。モデル・イヤー末期にはV12も加わるだろうか。

7シリーズと同じようなモデル投入のスキームならば、まずは830dからデビューするはずだ。


▶ 海外ニュース / とうとう姿を現した、BMW新型8シリーズ

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事