インフィニティQ50 3.0t

公開 : 2017.01.16 05:50  更新 : 2017.05.29 18:28

現状、市場に供給される電子ステアリングシステムのほとんどは、コミュニケーション能力が不足している。とりわけインフィニティのユニットは、手元に伝わる力が変わりやすい。

高速走行中、みせかけのフィードバックは足元の状況を察しづらく、ドライバーの信用を失う。トップ・レンジのスポーツ・サルーンにとって理想的とは、お世辞にも言いがたい。

■「買い」か?

魅力的なエンジン、可変する足回りをもち、そして華がある。Q50 3.0tは、興味深い存在である。

しかし、もう一度言うがインフィニティはミスを冒している。

700万円に届こうかという価格の割には、古びたインフォテインメント・システム、うすっぺらいスイッチ類、後席頭上空間の狭さなどは、申し分のない品質を誇るドイツ車と並べると貧相に見える。

そして反応が遅れるトランスミッション、不必要に複雑化したステアリングにより、ダイナミクスに優れたクルマとは言えないレベルだ。

正当なドイツ車ではない、ほかの選択肢を選びたいという向きには推奨する。ただし、ドイツ勢のほうが、明らかに動的性能に優れていることは、良心として伝えておかなければなるまい。

■日本版編集部の見立て

同時に試乗したインフィニティQ60ほどひどい評価ではないが、あまりいい点数をとることはできなかった。ライバルとなるドイツ勢が強すぎる市場で、どう戦うかが今後の鍵だ。


インフィニティQ50 3.0t スポーツ・テック

価格 £45,970(641万円)
全長×全幅×全高 4690×1850×1395mm
最高速度 249km/h
0-100km/h加速 5.1秒
燃費 11.0km/ℓ
CO2排出量 206g/km
乾燥重量 1813kg
エンジン 直列6気筒2997ccガソリン
最高出力 401ps/6400rpm
最大トルク 48.4kg-m/1600-5200rpm
ギアボックス 7速オートマティック


▶ カーレビュー / ジャガーXE S vs BMW 340iスポーツ
▶ 海外初試乗 / BMW 440i Mスポーツ
▶ 海外初試乗 / メルセデス-AMG C43クーペ 4マティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事