パガーニ・ウアイラ・ロードスターのティザー・フォトを公開

公開 : 2017.01.17 04:00  更新 : 2017.06.01 00:31

パガーニ・ウアイラ・ロードスターは3月のジュネーブ・モーターショーで公開が予定されているが、そのティザー・フォトが公開された。

暗いイメージではあるがウライア・ロードスターの3枚のティザーフォトが公開された。正式なパブリック・デビューは今年3月のジュネーブ・モーターショーだ。

公開されたティザー・フォトは、リデザインされたエンジン・カバーを含むテール・セクションと、センター・セクション、そしてノーズ部分だ。

ハードトップ・バージョンのウアイラは、6.0ℓV12ツインターボが搭載され、パワーは740ps、トルクは102.0kg-mだが、ロードスターにもこのエンジンが搭載されると思われる。ウアイラの前のパガーニのロードスターであるゾンダ・ロードスターは、ハードトップに対して僅かに5kgほど重たいだけだったので、ウアイラ・ロードスターについてもハードトップとそう変わりない、つまり1350kg前後の重さになると思われる。

CEOであるオラシオ・パガーニは、「剛性を維持するためにかなり修正を加えた。われわれが行ったプロジェクトでも最も複雑なプロジェクトだった。」とコメントしている。

パガーニはその詳細については公表していない。また、ウアイラは1年に付き40台しか生産されず、ウアイラ・ロードスターはそれよりも少ない生産台数になると思われる。なお、価格はハードトップの£666,000(9,200万円)よりも高くなると予想される。

パフォーマンスについては、0-100km/h加速3.2秒、最高速度370km/hというスペックに変更はないと思われる。



▶ 海外ニュース / よりハードコアなパガーニ・ウアイラBCが登場
▶ 海外ニュース / パガーニ・ウアイラRの公道テストか
▶ 海外初試乗 / パガーニ・ウアイラ

 

人気記事