「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」里帰り サージェント・ペパーズ発表50周年

公開 : 2017.07.14 18:40

「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」。 一般公開される日が近づいています。その誕生の経緯と、展示会の情報をお知らせします。

展示場所は「ボナムス」 その理由は?

ロールス・ロイスは、“最も有名なファントム” とでも呼ぶべき1台を、一般公開にむけて準備している。

これは、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」発表から今年が50周年となるのを記念し、かつてジョン・レノンが所有していたことで知られる色鮮やかな「ロールス・ロイス・ファントムV」をロンドンに里帰りさせるというもの。


現在カナダのロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館が所蔵する「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」は、カナダからロンドンへと里帰りし、ロールス・ロイス「ザ・グレート・エイト・ファントム展」で展示される。

同展の会場は、ボンド・ストリートのオークションハウス「ボナムズ」が選ばれた。これは、アルバムが発表された1960年代後半、レノンがこのファントムでボナムズをよく訪ねていたためだ。

「ザ・ジョン・レノン・ファントムV」は世界中から集められた過去7世代のファントムのひとつとしてボナムズにおいて、7月29日から8月2日まで一般公開される。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事