三菱自動車、新たにロシア販売会社に資本参画

2013.01.16

三菱商事、三菱自動車工業とロシアRolfグループの3社は、在ロシアの三菱自動車総販売代理店であるRolf Import社に、三菱自動車の参画を通じ、資本再編することに合意した。

新生Rolf Import社は、三菱商事と三菱自動車が、Rolfグループの所有するRolf Import社株式を9%ずつ譲り受けることにより、三菱商事49%、Rolfグループ42%、三菱自動車9%の株主構成となる。

ロシアの自動車総需要はリーマンショック後の落ち込みから回復、2012年の新車販売台数は過去最高の約290万台に到達し、ロシア経済の潜在的成長性を背景に中長期的にも更なる拡大が見込まれているという。同国における三菱ブランド車の販売はSUVモデルを中心に好調を維持しており、2012年の新車販売台数は7.4万台に達している。

Rolfグループは1992年よりロシアにおける三菱ブランド車の販売事業を行ってきている。今回の三菱自動車のRolf Import社への参画は、商品企画面でマーケットニーズにより迅速に対応できる体制を作り、競争が激化するロシア市場で更なる成長を目指すものという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事